2015年10月26日

木の家スクール名古屋2015 第3回:7月11日(土) 第2部

土から生まれる空間とその可能性

講師:森田 一弥 氏(森田一弥建築設計事務所 代表)

IMG_0155

 

今回の講師の森田一弥氏は京都大学大学院卒業後、左官職人としてキャリアをスタートさせ、後に建築設計事務所を設立、バルセロナ留学を経て現在に至ります。講義では、左官技術の可能性と氏のチャレンジについて話して頂きました。

 

まず、左官職人となったのは偶然だと話されました。氏は学生の頃、大学では建築をいつも外側から見ているように感じられ、このまま設計等の職に就くと、仕事が表面的になりはしないかと考えるようになりました。そして、物を作る現場で働き、つくる立場の人間として建築を理解したいと思った時、知人から紹介されたのが左官屋さんだったそうです。

 

左官職人時代は、文化財修復の仕事が多く、土をこね、藁を混ぜ、日々素材と向き合って格闘されました。文化財の仕事は基本的に傷んだ部分の解体・修復の為、建物の脆弱部分が良く理解でき、この経験は後に、町屋修復の仕事を請け負った際、大変生かされたそうです。

 

現場で汗を流しながら働く中、気づかれた事がありました。

学生時代の旅の中で見た、チベットの女性が道端で行っていた作業が、自身が土なじみを良くするために藁を叩いて柔らかくする作業と同じでだと気づき、京都の伝統的な工法として習得した技術も、根源的にはインターナショナルな技術ではないだろうかと考えるようになられました。

またモロッコで見た、丸みのある石を使って漆喰を磨く技術から、石の鏝ならどんな曲面にも対応できる事に気づき、左官鏝の起源は石ではないかと考えるようになられました。

日本の左官技術は基本的に木造建築物に対し、薄く、軽く塗ることが目標です。平らな壁を塗ることに特化しているので、曲面を仕上げることは苦手です。西欧の漆喰壁は、厚く塗って構造体としての機能を持たせた上で、表面を削って装飾を施します。それぞれ個性はありますが、モロッコで見た根源的な技術から、そもそもは似たものから発生したのではと考えるに至られました。

IMG_6298

更に修行を重ねた後、文化財の仕事では、左官技術が本来持っている可能性を生かす場が少ないと思うようになられました。文化財修復では、鎌倉期の建物は鎌倉期の技術、江戸期の建物は江戸期の技術で行うからです。これでは、今では手に入りにくい材料を使い、今となってはやりにくい工法で施工する事になるからです。

そして、これまで学んだ左官の技術を現代の建築で生かしたいと思うようになり、独立を決意されました。

独立されてからは、まず、左官で何が出来るのかを考えられました。そして、壁のテクスチャー表現だけにとどまるのでなく、それ自身が構造として自立できないかと思いました。そこから生まれたのが、「Concrete-pod」です。この作品は厚みわずか15㎜のドームです。

この作品の経験から氏はドーム工法について調べられ、スペインのカタラン・ボールトという技術に着目されます。これは、ガウディ建築にも用いられている、型枠を用いずに薄いレンガを石膏で固めていく工法です。現在はこの工法を使用して、「Brick Pod」や「Shelter in Bngladesh」など、色々な試みを行われています。

IMG_0200

 

そして、ドーム工法を研究する中、スペインへ渡られました。留学の中で、古い建物を改修して使い続けることの意味、そして建築における時間の表現について考えられました。講義ではあるスペインの公共建築のリノベーションを例に挙げ、たとえ合理的でなくても、古いものを残して建物を新しくする事は、scrap&buildでは表現できない物をその場にもたらし、建物、素材・形式・行程・工法、それぞれが経てきた時間をその空間に留める事を、多次元的時間遠近法という言葉を用いて説明されました。

日本の建築においても、例えば、荒壁から上塗りまで何層にも重なるテクスチャーのレイヤーをもつ日本の土壁は、水平方向に積み重ねられた「時間」と言えるのではないか、という事です。

IMG_0196

森田氏が手掛けられた「御所西の町家」の土間では、大津壁で仕上げられた既存の古い壁と新しく塗った荒壁が対面しています。興味深い事は、荒壁はものとしては新しいけれど工法としては原始的な壁である為、とどちらが古い壁なのか、すぐには区別がつかない事です。そして荒壁という工法は、この町家よりもずっと古い歴史を持っていいます。

左官技術は原始的な技術であるが為、古い素材を用いて新しい技術で施工したり、新しい素材を用いて古い技術で施工したり、様々な選択が可能です。氏は、建物に潜む時間を表現するために、何を残して、何を新しくするのか、建物を通して建物を造った人々と対話をしながら考えるそうです。

IMG_0207

これからも森田氏のチャレンジに期待したいと思います。

(文:田中寛子)


木の家スクール名古屋2015 第3回:7月11日(土) 第1部






これからのひかり

講師:岡安泉氏(岡安泉照明設計事務所 代表)

IMG_0145

 

岡安氏は照明デザイナーとして、数多くの建築家や企業とプロジェクトを共にされ、またミラノサローネやその他のイベントのインスタレーションも手掛けられています。本講義では、美しい氏の作品の映像とともに、講義を聞かせて頂きました。

講義はLEDの特徴について詳しく教えて頂く事から始まりました。
LEDは2010年以降、商業空間などから利用から始まり、現在は家庭用照明の商品も数多くなりました。
以下にその特徴を箇条書きにします。

・長寿命 高効率 高輝度 発光面積が小さい
・色温度の選択肢が多い
・演色性能の選択肢が多い
・紫外線・赤外線をほとんど含まない(色褪せしない・生鮮食品への影響が無い)
・直流・低電圧(変換ロスが発生しない)
・応答速度が速い
・on/offが寿命に大きく影響しない(フィラメントを使用していない)
・発熱量がとても小さい(回路部分で少々熱が発生してしまう)

講義では各々の項目について詳しく説明頂きました。その中で特に力を入れてお話しされたのが色温度・演色性能の項目です。

原始人間は太陽の光の下で生きてきました。太陽の光は日の出・日の入りでは2000K程度、日中は7000K程度にまでなります。また、クルーゾフ効果にある通り、人間が心地良いと感じる光空間は照度(ルクス)と色温度(ケルビン)のバランスに左右されます。そしてまた人は、気候や民族の歴史的背景からも、心地よいと感じる光の空間の好みが変わります。これまでの光源は色温度や演色性能の幅が狭く、光源の種類に対して限られた選択になっていました。これに対しLEDは双方を希望のものにセレクトして製造でき、また市販品についても選択肢が広く、中には一つの光源から何色もの光を出すことが可能な商品も発売されています。更にLEDは、これまで人工照明が苦手としてきた赤色の再現も可能となりました。

講義では説明後、これまでに手掛けられた作品の映像を見せて頂きました。

IMG_0720

 

そして次に岡安氏は興味深い氏の仮設を話されました。

『エジソンが電球を発明する以前、太陽以外の灯りとなる光源は火であった。人々は基本的には太陽光を建物に取り込むことで日中の照明を得た。そして火は基本的にポータブルな灯りであり、明るくしたい対象の近くにあった。その後、白熱電球・蛍光灯の時代になると、光源の設置場所が徐々に人の手の届かない天井へと移動した。移動した理由は、明るくする為でもあるが、感電ややけどを防ぐ為でもあった。こうして、器具の設置場所がどんどんと身体から離れてしまい、安全にはなったが、人と光の関係が離れてしまった。
LEDの光は現在離れてしまっている人と光の関係を再構築する可能性を持っている。熱を持たず、感電する事が無い為、再び身体の近くに光源を持ってくることが可能だからだ。また明るさは、光源との距離の二乗に反比例することからも、光を身体の近くにすることは省エネにつながる。』と。

最後は2011年にアメリカで作成されたドキュメンタリームービー「The City Dark」を紹介し、光害について話されました。この映画は、監督本人がアメリカ北東部の田舎からニューヨークに移住した事から始まりました。

現在は、住宅の窓から、街路灯、自動販売機、サイン看板など、多くの光が必要以上に空に向かって放たれています。ニューヨークの夜の光が町中に溢れる中「我々には暗闇は必要なくなったのか?」という疑問を持った監督は、調査を始めました。ハワイで小惑星の調査をすると、街の光によって観測に弊害が出ることがわかったり、フロリダでのウミガメの孵化を追跡すると、昔は海に反射する星や月明かりを目指して歩を進めたウミガメが、今は街の灯りを目指して進んでしまっていたり、シカゴの路上では、鳥が、光により高さの感覚がわからなくなり高層ビルにぶつかってしまったり。人間にも、夜間の照明とがん発生率との因果関係が挙げられています。他にも夜の光が及ぼすさまざまな影響が懸念されている事がありますが、未だ解明されていません。

本講義を通じて、様々な角度からLEDの可能性を教えて頂きました。そして、光と人間の関係性について考えさせられました。今後、照明計画を行うときには、今日の講義を思い出し、一つ一つ、丁寧に光を選んでいきたいと思いました。

IMG_0143

(文:田中寛子)


2015年10月22日

木の家スクール名古屋2015 見学会:10/17(土) 三重県尾鷲市の速水林業 報告 午前の部 

今回、木の家スクールとしては、10年以上経て、
二度目の三重県尾鷲市の速水林業さんへ
「人工林の環境管理(FSC認証林)と合理化された高品質ヒノキ育林」
の見学会でした。

10/17(土)朝6:50に、
名古屋工業大学に受講生と学生含めて約60名が集合し、
バスでの移動(一部自家用車)でした。
01ffb9aec70cb44d04879c1c278870c832ec458806
尾鷲について、打ち合わせ間違いから、到着地点を間違えて、
移動に手間取りましたが、
無事に速水林業の大田賀山林に到着いたしました。
あいにく雨が降ってまいりましたが、
テント屋根の明るいセミナーハウスにて、
速水林業代表、株式会社森林再生システム代表取締役の
速水亨(はやみ とおる)氏から、
パワーポイントによる講義を頂きました。
http://www.re-forest.com/hayami/index.html 0129ebacdd51313d17c4481da55db95185988de6f3
講義のテーマは、「日本林業と速水林業 2015」で、
日本の林業の現状から世界の林業の現状まで、
実際に海外まで視察に行かれてのお話しを伺いました。

01a14ee89bc7b0e105e095898900811e88005ace51
フランスの森林の現状についてご説明を伺いました

01fdda1c40f93d5dfc0ffa271e6afddbd772fe079b

 

黒い森で有名なドイツの森林のお話しでした
 Schwarzwald

011cd96104e0e84e315050531f74f07f7a6c3ae205

速水林業の森林は管理されて、保水力があり、澄んだ水が流れる
01ff560906ebb51386e244ca6237ea1300600ac8c4

また、速水林業は、FSC認証を受けた森林ということで、
日本の大半の人工林との違いについてのご説明を受けました。
緑色のグラフが速水林業さんの山の状態で
木材の年数が古いものから若いものまである

01defb747d81ceb0d78ced01dc1ade734b5d041b18
また、海外においては、森がなくなることは、
遠くの森から燃料である槇を毎日運び続ける役目を
子供や女性のような弱者の役割として、
人権を奪うことにも繋がっていることであり、
生命の危機に直面しているという
実態であることを学びました。
IMG_6987
速水林業のヒノキは、年輪幅が一定できれいな円となっている
熱心に傾聴して聞き入る受講者でした

01971c181a7f9e408809df55963e39fb6dd9ad5abd

奇跡的に雨もあがり、外で各自が持参したお弁当を頂き、昼の休憩です
速水さんに入れて頂いた珈琲を皆さんでいただきました
第二部は、午後からの実際の山の見学の話をリポートします

(文責 緑の列島ネットワーク 理事長 大江忍)


2015年10月11日

木の家スクール名古屋2015 第2回:6/20(土) 第2部

北海道Styleの木の家をデザインする

講師:西條 正幸 氏 (ビオプラス西條デザイン 代表)

01f3698e96e3b9b6e4d63eb8ce894ca7c31c94286c

 

北海道札幌市で建築デザイン事務所を主宰する西條正幸さん。

かつては内装施工業者として店舗づくりをされていた西條さんが、天然素材を活かした『自然派住宅』の新築・リフォーム業に転身されることになったきっかけ。それは今から20年ほど前のこと。当時まだ幼かったお嬢さんのアトピーと、そのころ考えていた自宅兼事務所の新築計画でした。

当時暮らしていた家は、いわゆる新建材で包まれたもの。その建材が人の健康に害を与えるということを、自宅の計画をきっかけに知り、とても大きな衝撃を受けたと言います。そのころアトピー対策で食事制限などをしていたお嬢さんのことも重なって、「これからは安全で健康に暮らせる家をつくるお手伝いをしていこう!」と決心されました。

“安全で健康的な素材を使って家をつくること”が、同時に“環境にも優しいことである”という思いから、できるだけ身近で調達できる、環境に配慮した建材を探し、無ければ特注でつくるというのが西條流。カラマツの構造材や、道産のトドマツの繊維でつくるウッドファイバー断熱材。ホタテの殻を活用した壁塗り材をつくったり、地元の窯業者に焼かせて凍害に強いタイルをつくるなど。どれも健康と環境に優しいだけではなく、素材としての魅力があるものを集め、『自然派住宅づくり』の実践が始まりました。

西條さんのその他の取り組みは多岐にわたります。

01e6436934c5ccf2b25f5392858ea08e935eba2193

環境共生グッズの販売。共同菜園が有るエコビレッジの建設や、かつて大量に建てられた北方圏型規格住宅のリノベーション、「三角屋根プロジェクト」。書籍を執筆し、菜園づくりのワークショップを開いたり・・・。

穏やかで温厚なお人柄から受ける印象にあって、幅広く行動的な“住まいづくり”のお話は、とても興味深いものでした。

(文:丹羽明人)


木の家スクール名古屋2015 第2回:6/20(土) 第1部

耐震⇒温熱⇒仕上・設備 住宅リフォームの実践

講師:米谷良章(米谷良章設計工房 代表)


01d58a847dd00e7b2408a430bd503383d8a6e9d1d5


01f32933b4d6041d3c880c2e5e6bdd2a9d43b154c0
013ef1193574941886a54ef883dd4553070ea013af





 

大学を卒業して就職した設計事務所が『民家型構法』に取り組む現代計画研究所。地域材と地域の大工でつくる公営住宅の設計をはじめ、団地の改修計画などの仕事が建築のスタートラインでした。

住民参加型の団地改修を通して、『設計』というよりはむしろコミュニティーづくりに取り組んできたという米谷さん。住民の声を改修に活かすことに力を注ぎ、また、住みながら経済的に、かつ効果的な温熱改修をする工法を摸索するなど、団地改修の質と効率と経済性を追求する経験が、今の設計スタンス『米谷流』の基礎を培いました。

住宅が余りはじめている昨今。“高度経済成長期に大量に建てられてきた住宅と、どのように向き合っていくのか”といったことが、これからの大きなテーマの一つだと米谷さんは言います。細い柱で頼り無い構造、不十分な断熱性能といった、やや粗悪な建物をどのようにリフォームして活かしていくのか。そこで発揮できる設計事務所の職能とはどんなところにあるのかを、リフォームの事例を見ながらお話し頂きました。

リフォームで大切なことは、まずその建物を詳細に調査し、多面的に状況を把握すること。とかく住まい手はキッチンのリニューアルや壁紙の模様替えなどの、表面的なことにしか目が向いておらず、肝心な「耐震性能」や「温熱性能」、又は「機能性」が損なわれていないか、といった視点を欠いていることがほとんどです。そこで、住まい手と家を“全体的に把握”して、今、どのようなリフォームをするべきなのかを提案していきます。

『リフォームの計画』とは、

  1. 改修後の暮らし方を把握する
  2. 改修の優先順位を決める
  3. 改修後の性能目標を共有する
  4. 複数の性能向上部位を重ねる
  5. 温熱(省エネ)改修はパッシブデザインから始める

ということ。

あと何年住むつもりでいるのか。劣っている耐震性をどの程度補強して高めていくのか。また、劣化の程度はどうか。冬暖かく夏涼しく、そしてどの程度省エネを実現したいのか。そもそも、今のライフスタイルに間取りが合っているのかどうかなど、様々な角度から検証し、予算とのバランスを計りながら、より効果的なリフォームの計画を提案し、理解を得て進めていきます。

また、リフォーム後の家が計画通りの性能を発揮しているのかを確認するために、その後一年のデータ取りをしていくことも大変重要だと、米谷さんは言います。

 

経済の勢いに乗って造り放たれてきた大量の住宅も、適正に手を加えることによって、再び“世に活きるもの”になる。

リフォームの意義を再認識することができた講義でした。

(文:丹羽明人)