2014年12月26日

木の家スクール名古屋 2014/9/20 第二部

木造で建築する意味

講師 和田耕一氏

 

「4つの建物を紹介しながら、木造建築を媒介として、色々なつながりが出来ていく事をご紹介します」と講義が始まりました。

 

1)四国鉄道文化館(2007年完成)

498㎡の木造平屋建ての建物を分離発注で進めました。分離発注にすることで、木材業者に責任がかかるけれど、お金も落ちる。それ以上に、設計半ばの時点で発注することで、木材の乾燥時間が稼げるのが一番重要なポイント。発注者が日本ナショナルトラスト財団だった故に、入札する必要がなく、仕事が地域と山の木につながりました。

 

2)愛媛県八幡浜市立日土小学校の改修工事(20072009年)

当時八幡浜市役所職員だった建築家松村正恒によって1956~1958年に設計されたモダニズムの木造建築です。老朽化に伴う保存改修工事をする際の最重要点は、『可能な限り最小限の介入で、やり過ぎない事。後で建設当初の姿に戻すことが出来るように改修すること』。2012年、戦後木造建築として初の重要文化財に指定され、『文化財として使い続ける小学校』は、新築以上の価値があると、やっと地域の方々に認められました。地域に貢献するとはどういうことか、建築家に課せられるテーマです。

 

3)愛媛県久万高原町が開発した構造用ラティスパネル

林業主体の町なのに何も作れない状態を打破するために、構造用面材を考案しました。

接着剤を使わず、釘とビスのみで、大壁、新壁、床勝ち、壁勝ちで、2.7、3.2、3.7、4.2迄の壁倍率のラティスパネルです。許容応力度設計の建物にも対応可能です。開発から8年、やっと1軒目の建物が完成間近です。

 

4)少彦名神社・参籠殿(すくなひこなじんじゃ・さんろうでん)

1934年(昭9)年に建築された近代の懸けづくりの神社。氏子や管理者が不在のため荒れ果て、朽ちるのを見守るだけの状態が続いていたが、2011年に建築図が見つかり、ワールドモニュメント財団の危機遺産に選定されたことを弾みに、改修工事が始まった。この財団は、改修費を出すのではない。時間の経過とともに再び必要となる修理を継続するシステム(自分達の手で、将来に渡り地域遺産を守り続ける意識)を育てる為の基金を提供する。その考え方に刺激を受け、寄付を集め、改修工事が始まりました。

 

どこにでもある材料で、どこにでもいる職人の手で、どのように木造建築をつくるか?

あなたの建築は、社会にどういう貢献ができるのか?

大きな課題をご自分にも、私達聴講生にも投げかけて、講義が終わりました。

 

文:寺川


木の家スクール名古屋 2014/7/12 第二部

土壁を生かすための断熱改修の技術

講師 豊田保之氏

 

豊田さんの生家の家業は、京都で1607年に創業された左官業です。現在は、お父様、ご兄弟が左官職人として活躍されています。本日は、「美濃加茂の家」と「岩園の家」の2つを例にとり、土壁を使った住宅改修について、お話下さいました。

 

<美濃加茂の家より>

この住宅は、大正元年に建築された、約築100年の日本家屋でした。

一通り、一般的な土壁施工についてお話された後、土壁の性能向上補強についてお話しされました。性能向上補強については、既存土壁に外断熱の形で断熱と強度を向上させる方法や、内断熱の形で同様に補強する方法を紹介して頂き、そして、工期・コストの削減の為の提案として、伝統工法を現代仕様にアレンジした、木小舞片面土塗りや、木小舞落込片面土塗手法を紹介下さいました。条件はあるますが、通常6工程ある施工が3工程以下になる方法でした。また、それぞれの仕上げの違いによる断熱性能について丁寧にお話しされました。

 

<岩園の家より>

この住宅は築38年の木造2階建て住宅でした。

詳細調査の結果、設計図書と実際が異なる部分があったり、内壁の土壁が梁まで上がっていなかったりと、その他にも多くの事がわかりました。こちらの住宅では、条件がある中で、耐震・断熱・防露・防火・蓄熱について考えた結果、鋼板サンドイッチパネルを内張りし、パネルに左官仕上げを施す方法を採用されました。耐震・断熱補強が可能、外部足場不要、既存土壁の削るとる量を大きく軽減出来る等、様々なメリットがありました。

 

本講義から、土壁仕上げは、工夫をすれば様々な壁を土壁として仕上げる事が可能である事、そして、現在の技術を組み合わせて、より性能を向上させる事が可能であり事を知りました。

また講義の中で、豊田さんが伝統的な土壁だけでなく、様々な事に挑戦されている姿が印象に残りました。 今後も、豊田さんの活躍に期待させて頂きたいと思います。

文:田中寛子


2014年5月1日

2014年度の木の家スクール名古屋の新規受講生の募集

2014年度の木の家スクール名古屋の新規受講生の募集中です

今年も多様な側面から木の家にアプローチしていきたいと思います
講義詳細やお申込み方法について下記にご案内申し上げます。

今年度は公開講座は有りませんが、5回の連続講座に是非ご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
緑の列島
木の家スクール名古屋 2014
連続講座 受講生募集開始!
http://kinoie-school.digiweb.jp/index.html
4月10日から受付開始(お早めに申し込み下さい)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年の木の家スクールのテーマのひとつはマーケティング。
木の家を文化財でもなく、フツーの家でもない、
等身大の価値ある住まい、住まい方として社会における認知
を深めてゆく必要があります。

あわせて環境性能や構造的性能の客観的評価も求められており、
これらを学び、一緒に考えてゆきたいと思います。
「近くの山の木を使った家づくり」や「緑あふれる居住環境」、
「エネルギーの地産地消」に関心のある生活者・技術者の皆様
にぜひ受講いただきたいと考えております。

■連続講座(全5回)
○定員:50名(申込先着順)
○受講料 15,000円 資料代含む(初回受講時に受付にて徴収)

■■2014講義案内■■
・受付開始:13:10 講義:13:30~15:10  15:20~17:00
○第1回:6/7(土)
講師:三浦祐成(新建新聞社  代表取締役社長)
「木の家の新たな提案手法とつくり手の生き方を考える 」
講師:馬場正尊(東北芸術工科大学准教授・Open A 代表)
「新しい居住の可能性を探しに 」
○第2回:7/12(土)
講師:宇野勇治(愛知産業大学准教授・宇野総合計画事務所 代表)
「木と土の家の温熱環境デザイン 」
講師:豊田保之(トヨダヤスシ建築設計事務所 代表)
「土壁を生かすための断熱改修の技術」
○第3回:9/20(土)
講師:西山マルセーロ(竹中大工道具館 館長補佐・主任研究員)
「道具から見た建築史」
講師:和田耕一(和田建築設計工房 代表)
「木造で建築するという意味」
○第4回:10/25(土)
講師:桂川憲生(東白川村役場)、他
山の木と工務店を活かすためのWEBマーケティング戦略
【フィールドワーク】「岐阜県加茂郡東白川村 現地集合」
○第5回:11/15(土)
講師:大江 忍(NPO法人緑の列島ネットワーク理事長)
「伝統的構法の設計法の作成経過と行方」
講師:川端 眞(川端建築計画 代表)
「伝統構法  構造設計の勘所」

■会 場:名古屋工業大学
JR 中央線・地下鉄 鶴舞駅下車徒歩約8分
※第4回のフィールドワークの集合時間、場所等詳細は別途連絡

■申し込み・問合せ・詳細説明
木の家スクールWEBサイト http://kinoie-school.digiweb.jp/index.html

▼問い合わせ・事務局▼
木の家スクール運営事務局(名古屋工業大学 藤岡研究室内)
e-mail : fujioka@nitech.ac.jp    FAX : 052-735-5182


木の家スクール名古屋2013年 第5回:11/10(日) 第2部

 

 

「地震に強く、火にも強く、環境に優しい木造建築」

講師:安井 昇 氏

          (桜設計集団代表、早稲田大学理工学研究所客員上級研究員)

IMG_5462[1]

 

木造3階建の準耐火建築物や、木製防火戸など、木造防火技術の最前線のお話は勿論の事、木材の厚さや太さを活かした火事に強い木造建築物のつくり方や、耐震と防火性能を同時に補強する改修方法など、今まで火に弱いとされてきた木造建築の本来の強さと美しさを再認識させる講義でした。

IMG_5473[1]

 

①    木造の防火技術と火災安全設計

木造住宅を設計する際に留意すべき事は、火災の広がりを遅くする事。一つは天井材をPBなどの不燃材にする事や、厚みのある板材にする事。木材は燃える事で表面に炭化層が出来るので、24㎜の厚みの木材は約30分延焼を食い止め、避難の時間をかせげる。

 

②    防火・耐震化改修の意義と概念

裏返し塗りの土壁や、30mm以上の板厚は十分な遮熱性を持つ。垂木間への断熱材の充填やPBを打上げる事で、木造の準耐火構造も可能になる。木製格子も熱を遮る有効な手法。

 

③    木造密集市街地の耐震・防火改修隣から隣への延焼を防ぐ為には、外壁の防火性能が落ちないことが一番重要。外壁のモルタルが落ちないような対策を検討すべし。

IMG_5464[1]

 

④    木造の今後の可能性

準防火地域で木造3階建住宅(イ準耐火建築物)は既に建築済み。通し柱は165mm角。都市で木造5階建共同住宅も建築済み。防火性能が必要なのは鉛直力を支持する部材のみ。木造3階建の学校の耐火建築物の要件の見直しも始まっている。土塗り壁・厚板壁・厚板床など木と土を用いた伝統的木造建築の準耐火構造の開発を進めている。

 

(文責:寺川)

 


2013年11月25日

木の家スクール名古屋2013 第3回:9/28(日) 第2部

自然エネルギーで自己完結する家を作ろう

 

第二部 講師:O. バルテンシュタイン氏 (工学博士 エコライフラボ統括責任者)

 

バルテンシュタイン氏は、自然エネルギーでのエネルギー自給自足の家の作り方を考案されています。そして、建築は肌や服の次に身近な環境だからこそ、快適さと安心を地域の資源で実現したいと考えられています。

今回は、原発と化石燃料に依存しない快適な家の可能性・技術・設計のポイントをお話下さいました。

 

◆エネルギーについて◆

 

講義は、私たちが日々使用しているエネルギーの話から始まりました。

 

・原子力発電で発生するプルトニウムの半減期は24000年、1000世代を経てやっと半分という時間です。そして機械はいつか壊れ、事故にも会います。このように副産物を生むエネルギーを使用し続けてもいいのでしょうか?

・石油エネルギーは日本の資源ではありません。原油国は内戦が多い地域でもあります。石油の売買で得た利益がその国の国民に還元されているでしょうか? 

・日本では、電気エネルギーの購入は自由ではありません。私たちは、太陽光・風力・水力・火力・原子力、どの電気を購入するか選択は出来ず、販売会社も限られ、価格に競争もありません。

・今は、家電製品ではエネ性能が消費者の購買決定意識に大きく影響しています。自動車の燃費性能も同様です。しかし、住宅ではエネルギー性能を表記して販売する会社はありません。

 

私たちはこのようなエネルギーの消費方法を、受け入れてしまっています。

そして現在の住宅では、石油エネルギーや原子力エネルギーの使用を拒否する事はできないのです。

 

日常で使用するエネルギーを分類すると以下のようになります

・必要不可欠なエネルギー 

→ ペースメーカー 等、生命の維持に必要な物

・常備したいエネルギー

→iPAD・照明・テレビ・携帯 等、災害・震災後直ちに使用したい物 次いで浄化槽・冷蔵庫 等

・快適な生活に必要なエネルギー      

→ ガス給湯器 エアコン 掃除機 ドライアー IH調理器 等

 

自給自足住宅のエネルギー源は、自然にある太陽光・太陽熱(日光・直接光の事)から得る方法と、太陽光発電・薪ストーブ・バイオマスボイラー等の設備から得る方法があります。

そして使用する時は、エネルギー源をハイブリッド化する方法が考えられます。太陽熱を主体熱源とし、薪ストーブを補助熱源、化石燃料を二次補助熱源とするのです。

 

DSC_0274

 

◆エネルギー自給自足住宅について◆

 

エネルギー自給自足住宅の基本的な考え方は、断熱により、冬は熱を外に出さず、夏は熱を中に入れない事です。そして、熱交換器などを利用し、換気・排水により流出する熱を回収・再利用する事で、必要なエネルギー量を最小限にする事です。つまり、設備機器による省エネ化ではなく、建築そのもので行う省エネ化に、エネルギー自給自足住宅の実現があるのです。

 

・太陽光の利用    → 太陽の光そのものを光として利用する。

・断熱・遮熱・機密性 → 冬は熱を逃さない・夏は暑さを入れない。(基礎・壁・屋根すべてに断熱を)

・換気計画      → 温度・湿度の制御をする。日本では特に夏の湿気が問題となる。

換気は熱交換器を使用し、室内の温度を保つ。(90%回収できる)

一般住宅の場合、床下換気からの熱損失も大きいので対応する。

・排水計画      → お風呂等で排水されるお湯を、床暖房・上水の加温に利用。

 

冷房・暖房の考え方を次のようにします

部屋が寒い時 → 基礎・壁・屋根のすべてで断熱、土間スラブ床暖房なども利用し、躯体で暖房をする

部屋が暑い時 → 基礎・壁・屋根のすべてで遮熱、エアコン等で中の空気を冷却する

 

次に、エネルギーの備蓄を考えます。

戦略的には、バイオマスで長期備蓄、蓄熱タンク・バッテリーで短期備蓄を行います。バイオマスには、薪など、身近にある自然の材料での備蓄が適しています。またエコライフラボでは、住宅用ではありませんが、小型木質バイオマスコージェネレーションによる熱と電気の長期備蓄可能な設備が実用化されています。

 

 このような考え方で設計された住宅・施設では、気候・地域性・季節により影響がありますが、高い自給自足率を達成されています。講義の中では多くの実例を紹介して頂きました。

 

バルテンシュタイン氏は講義の中で、「震災・災害のように何か不測の事態があった時にも、独立自給型のエネルギー源で、照明・電話・テレビ等が使用できれば、人々の安心は増し、情報の伝達もスムーズになります。関東大震災後、基礎設計を担当した施設では、避難場所となる部屋に薪ストーブを設置しました。いざという時の為に、エネルギー源をヒューマンスケールの技術でもって、分散し、地域化し、多面化する事は大切です。現代は、人の寿命が延び、ライフスタイルが変化して、住宅に対する要求が多くなってきました。住宅そのものを快適で、より良くする事は大切です。視野・意識・モラルを広く持ち、住まいで使用するエネルギーについて考えていかなくてはいけません。」と、お話しされました。

 

(文責:田中寛子)