2017年6月25日

木の家スクール名古屋2017 第1回:5月20日(土)①

第1回 建築・環境照明デザイン

講師:早川亜紀さん(灯デザイン主宰)

 

木の家スクール名古屋2017 第1回は早川亜紀さん(灯デザイン)、横内敏人さん(京都造形芸術大学)を講師に迎え、スタートしました。先ず、早川亜紀さんより「建築・環境照明のデザイン」というタイトルで照明設計された建物の事例や、苦労された点を分かりやすく講義を頂き、実際にLED照明を照らすなどの実演も頂きました。

早川さんの講義では、私たちが聞き慣れない単語が次々に出てくるとても楽しい内容となりました。「平面夜景図、視環境、楕円配光」など、建築を教える学校でもほとんど使われない言葉です。例えば、平面夜景図とは平面図に夜景を落としたもので、お施主さんに説明する際にも用いる分かりやすいもので、真っ白な図面に色鉛筆で色付けをし、お施主さんの要望や必要機能を追記するなどに使うことができるとか。名古屋市の大森寺、長野県は道の駅FARMUS木島平などを事例に設計のポイントやパースを見せて頂きました。特に、道の駅FARMUS木島平の設計で書かれたパースと竣工後の写真がほぼ同じ夜景となった事をプレゼン頂いたとき、会場が少しざわめいたことが印象的でした。あと、照明設計の仕事は夜間にしか現場確認ができないことが悩みと言われたとき、会場の皆さんが「うんうん」と頷いていました。

照明デザイナーが入らずに照明計画を行った場合、高い位置から照らす効率的なポール照明を用いて必要照度を得ることが一般的です。一方、照明デザイナーが設計に加わると、照明が存在しないが必要なところは照らす設計を心がけるそうです。その違いがもっとも現れるのは夜景写真を撮影するときで、写真のフレーム内に照明が映り込んで雰囲気を壊してしまうかどうかです。正直、今回の講義を受けるまで、照明デザイナーに依頼するとコストが高くなるという先入観を持っていましたが、早川さんは第一にコストダウンを意識され、心理的・生理的に問題が無いように暗さ感をおさえるなどを行えば、使用電気容量とコストは結果として下がることになるそうです。普段はそれほど意識しない照明について、色々と考え始める良い機会となった講義でした。

(文:清水)


2017年4月1日

緑の列島木の家スクール名古屋2017 受講生募集開始!

本日4/1より、今年度2017の「木の家スクール名古屋」受講生を募集します
例年ですと、すぐに定員に達しますので、早めにお申込みください!
特に今年は、15周年を記念して「特別講演会」も開催します

興味のある方は、お見逃しなく、受講してください!

講義内容
http://kinoieschool.wixsite.com/nagoya/gaiyou

お申込みは、こちらへ
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScdD8g1euGJdr7o-w1j2mU2evqw5S4IKgUhS3-op9oCFxkEqg/viewform?c=0&w=1


2017年3月6日

木の家スクール名古屋2016 第5回:10月29日  ②渡邉晶(建築技術史研究所所長 ) 『大工道具と建築・文明・地球環境との関係を探る』

渡邉 晶氏 (建築技術史研究所所長 )

『大工道具と建築・文明・地球環境との関係を探る』

永年にわたり、
大工道具の歴史を研究されてきた渡邉先生のお話しを伺いました。
日本の大工道具を研究するうちに、
対象は世界の大工道具の歴史へと広がっていったとのこと。
歴史の中で、文化や技術は交流しながらも、
それぞれの地域で得られる木材や素材と応答しながら、
道具はそれぞれの発展を遂げたそうです。
木の建築をつくるための道具は、洋の東西を問わず、斧にはじまりました。
石を石で打ち欠いてつくった打製石器が大工道具の起源です。
約2000~4000年前、
金属の道具として斧、鑿(ノミ)、鋸(ノコギリ)、鉋(カンナ)がはじまりました。
鉋は、約2000年前、
ユーラシア大陸の西では台鉋がはじまるのですが、
大陸の東では槍鉋の時代が長く続きました。
鋸と台鉋の押し使い・引き使いの別について、
いずれも引き使いにしているのは、日本だけのようです。
鋸を引き使いで使っているのは、
針葉樹が多い地域に多くみられるとのこと。
出土した道具や古い建物の痕跡調査など、
様々な手がかりから、道具の変遷、
進化の過程を研究されてきた研究成果を、
絵巻のように見せていただくことができました。
(文責:宇野)


木の家スクール名古屋2016 第5回:10月29日  ①上野英二(オークビレッジ代表、木造建築研究所所長 )『日本の建物』    

上野英二氏  オークヴレッジ代表取締役代表 

「日本の建物は木造だと思います。」

RCや鉄骨造の設計事務所に勤務していたのですが、
奈良や京都で古寺巡礼をし、次第に木造の良さに気付き始めました。
木造=宮大工と思い込み、西岡棟梁に憧れていました。
そんな頃に飛騨家具の展示会で稲本大造氏に出会い、
喫茶店兼住宅を頼まれ、木造の設計に転換するきっかけになりました。
どんな木造を造れば良いのかと迷い、日本各地を見て歩きました。
① 百年かかって育った木は 百年つかえるものに  →永く使えるモノ造りを目指し
② お椀から建物まで       → 暮らしの様々な場面で自然素材を活かし
③ 子供一人、どんぐり一粒    → 木を一本使ったら、木を育てよう
その三つの思いを込めて、設計、素材、技術を大事にするモノ造りをしています。
今は、石場建てで木造住宅を建てたり、
補助金が出るのを活用して、飛騨の古民家の改修工事もしています。
そのように話をされながら、次々と映し出される映像は木材比率がかなり高いのですが、
軽さと、穏やかさと、気品を備え持ち、設計力の高さに魅了されました。
欠席された受講生は、是非、USBを借りて御覧ください。


2016年10月27日

木の家スクール名古屋 第4回 9/10(土)第二部 楢崎達也氏

『地方創生における林業・木材産業~地方が採るべき戦略とは~』
講師:楢崎達也氏
(NPO法人農林業経営支援センター、大手住宅メーカーの林業コンサルタント部門所属)

毎年、山へはフィールドワークに行っている木の家スクールでしたが、
今年度は、座学にて、森林について、起こっていることを俯瞰的に学ぼうということで、
NPO法人の林業経営支援センター、
また大手住宅メーカーという立場で
林業コンサルタントとして各地域に関わっておられる楢崎さんをお招きしました。

冒頭、楢崎さんが地域に入られている十津川村での魚骨状間伐の様子
(奥山の森林資源を低コストに搬出・運搬する仕組みへのチャレンジ)など、
林業の現場の映像が流された後、森林資源と建築との距離や、
それは単に木を「木材」とひとくくりにするのではなく、
「立木、原木・素材、製材品、プレカット材」など流通で形態を変えていくという捉え方
(林業はそもそも6次産業)、
田舎のスパイラルダウンや地方がとっている戦略の誤りに
ついて日々現場で感じられている点について、ご紹介いただきました。

また、後半は、現在森林が抱えている最大の課題である、
「不在地主、山林の境界の不明化」について、
これまでご自身で作成された森林所有者であるおじいさんを
ターゲットにした啓発ビデオを見せていただきながら
(ここではご紹介しがたいですが、この中でのやりとりが、また面白い!)
お話をうかがいました。

林業の営業は大変難しいという面を笑いに変えて紹介いただきながら、
森林管理サービスの方向性について提言いただいたようにも思います。

山のフィールドワークで感じる点とは異なる山の現状に触れ、
これまでとはまた一味違う視点で山を考える機会となりました。
(文責:中川)

img_9334

img_9341