2016年9月10日

木の家スクール名古屋 第4回 9/10(土)第一部 佐藤義信氏

佐藤義信
(KUU・KAN設計室主宰、㈱日建設計顧問)
  『先人の価値観を受け継ぐ京都迎賓館』

このタイトルでの予定でしたが、10/22に同じこの会場で
インテリア学会の講演にて、お話しが重なる可能性があるので
テーマを変更、どちらも聞いていただきたいといことで

今回のテーマは、
そうだったか、日本の建築

日本の歴史から愛国心とはなんだでスタート
日本の建築は、宮殿や城のような権力のための建築ではなく、
住まいを藝術の域まで高めた唯一の国
日本の建築の歴史から、屋根、柱、壁、建具、床とはどういものかということ、
マナーの話し、日本人の身長の変遷で、古墳時代は、明治時代よりも背が高かった
尺貫を変えながら税金を搾取してきた話し
唐破風は、日本独自のもので、ブルーノタウトは、間違えていたなど
興味深い建築と日本の歴史的にまつわる根本的な内容で前半はお話をされました

後半は、今まで設計されてきた京都迎賓館、身延山久遠寺、大森寺の具体例について解説がありました。
京都迎賓館については、大きなガラスを使用して、一番見えないところに工夫をされたことや、見えない地下の話やテロ対策など、設計にご苦労されたお話しを伺いました。
身延山久遠寺報恩閣では、特徴あるてり、むくり屋根のデザインをされたこと。
大森寺復興事業では、伝統的な木造建築の本堂を建て、建ててる最中は、非常に面白く関わられたとのことでした。

数多くの大規模な設計に携われた佐藤先生は、引き出し多く、
まだまだたくさん、経験談をお聞きしたいと思います。

京都迎賓館については、
10月23日(日)14:45~16:15
テーマ「現代和風の態様」
会場 1F0211室

にて、詳しく講演をされますので、入場無料ですので、是非、聴講されてはいかがでしょうか。

(文責 大江忍)

img_9305 img_9324 img_9327


2016年9月6日

木の家スクール名古屋2016 第3回:7/30(土)フィールドワーク 前半

【フィールドワーク】岐阜県中津川市
創建当時(120年前)の姿に復原された明治座の見学と解説

講師 川端 眞(川端建築計画 代表)

朝8時に名古屋工業大学に一部の受講生と学生、スタッフは集合して、バスで出発、現地にて、乗用車で集合した30台の受講生と合流しました。
明治座へは、木の家スクールでは二度目の訪問となりました。
今回は、創建当時と同じ屋根に復原された様子を見学です。
講師は、復原に携わった設計士である川端眞さんから主に限界耐力計算に基づいた、耐震補強をした経緯の説明とどうして、このような復原をすることになったかというお話しがされました。
明治座は、もともとは、石置き屋根でしたが、大正期にセメント瓦に葺き替えられ、昭和の40年代にも再度セメント瓦に葺き替えられていました。
今回は、あえて、創建当時の姿にもどすことにより、明治座への注目度を高めながら、地元の方々がより愛着をもって村のシンボルとして大切に受け継いでいく仕掛けとして、あえて、メンテナンスの大変な板葺を選択する経緯となりました。
屋根の板葺は、クリとサワラを使っており、これから、地元の山とのつながりを深く持ちながら、将来に渡って、地元でメンテナンスができるように、早速、屋根板の募金活動も始められておりました。
また、耐震補強というと昨今では、伝統木造に金物だらけの補強金物をつけてしまって、建物の本来の機能まで制限してしまうような姿をまのあたりにして、
そういうことだけは避けたいという村の方々の意志を尊重して、なるべく目立たないように、しかし、裏付けのある耐震補強を施工することとなり、見事にそれが実現しました。
管理人の方から、地元の熱い思いや、尾張藩の山守の子孫である内木哲朗さんからもご説明をいただきました。
傾き、足元が腐っていた明治座でしたが、今回の修理により、また寿命を100年のばすことができたと信じたいです。
講演のあと、地元のほう葉寿司をランチに頂きながら、明治座の今回の復原の経緯をまとめた記録映画の映像も時間の許すかぎり鑑賞をいたしました。
そのあと、次の見学地へと移動をしました。(文責 大江忍)
IMG_5323名工大に集合

IMG_5425

明治座内部見学IMG_5422

IMG_5407

内木哲朗氏による解説IMG_5401

川端眞氏による耐震設計の説明IMG_5393

管理人さんによる説明IMG_5360

IMG_5358

IMG_5344


2016年8月22日

木の家スクール名古屋2016 第3回:7/30(土)フィールドワーク後半

地域型ゼロエネルギー木造住宅を体感する

講師:金子 一弘 氏(協同組合東濃地域木材流通センター(木KeyPoint)代表理事)

 

フィールドワークの最初の訪問先である加子母の明治座から移動し、東濃地域木材流通センター(木KeyPoint)を訪問しました。

まず、金子一弘さんの講義を伺いました。
金子さんはこれまで、比較的寒冷な恵那の気候に適した住宅をどのようにつくるべきかを模索し、東京大学と協同するなどして、土壁を用いたゼロエネルギー木造住宅のあり方を検討してきました。
詳細なシミュレーションにもとづいて複数のモデルルームを建設し、データを検証して改善することを続けています。
最近では、土壁の外側にドイツのパッシブハウス水準の断熱を施した住宅を建設し、調査をはじめたとのことでした。

続いて、モデルハウスの見学を行いました。
ダイレクトゲインを十分に得るために、南側に吹抜けと大型の窓が設けられています。
土壁を用いた住宅2棟ですが、日射遮蔽が弱いモデルと、しっかりと窓外側にブラインドを設けて日射遮蔽を施したモデルを体感することができました。
また、Low-eペアガラスなど窓の対策や24時間全館空調の床下吹き出しシステムなどを見学しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに、地元木材の流通拠点である東濃桧を中心とした木材製品市場の見学もさせていただき、盛りだくさんの充実した見学会となりました。

(文責:宇野)

IMG_5431IMG_5432IMG_5480IMG_5492IMG_5499IMG_5511IMG_5541IMG_5585IMG_5591IMG_5596


2016年6月14日

木の家スクール名古屋2016 第2回:6/11(土)

土壁・漆喰壁に秘められた魅力を語る

講師:佐藤ひろゆき氏(佐藤左官工業所・京都工芸繊維大学シニア・フェロー)

木の家スクール名古屋2016 第2回では佐藤ひろゆきさん(佐藤左官工業所)を講師に迎えました。佐藤さんは、左官技術者として建設現場で活躍されるだけでなく、2008年3月に京都工芸繊維大学で学位論文「京壁の物性と機能および施工法に関する研究」を執筆し博士(学術)を授与されるなど多方面で活躍されている方です。今回の講義では、お話だけでなく実演まで披露頂きました。

まず、左官の歴史、土の歴史、漆喰の歴史など左官という職業に関する歴史と変遷を紐解くことから講演は始まりました。左官の歴史を解明することは考古学的にも大変難しく、「たぶんそうだろうな」というモノが多いといった話では、会場から笑い声が出るなど、和やかな雰囲気となりました。続いて、豊かな色合いの土が産出される関西の自然条件、土壁を良しとする貴族文化によって土壁が発達したことが紹介され、千利休による茶室の登場によって土壁は大きな転換点を迎えたことが紹介されました。なんでも、土壁には大きく3回の革命があり、第1回目は千利休によって茶室の壁に土壁が使われたことだとか。ちなみに第2回目は明治維新以後で、刀鍛冶が鏝(コテ)鍛冶に転職したことによる鏝の技術革新(鋼、焼き入れ)、第3回目は樹脂素材が開発された現代で、乾式工法の登場や野外でも使える洗い出し技術の登場などだそうです。一方、土壁に関する環境は危機的であり、少しでも環境を改善するため佐藤さんは本業のかたわら、講演活動などを行っているということです。
途中より左官の実演を交えた講義へと移りました。左官用の鏝は60種類ぐらいあり、各種類で10~15本の大きさの違う鏝があること、土壁の2回目の革命によって「中首」が登場したこと、中首が登場した理由は関東で発展した漆喰文化と深い関係があり土壁より重たい漆喰を塗る際の身体の負担軽減が主な理由であることなど、佐藤さんが現場で経験された実体験と知識が惜しげも無く披露され、会場からは「なるほど、納得した」という声が多く聞かれました。

最後に、「家は買うものではなく、造り育てるもの」、「100%満足のいく家は最初から出来ない。10年かけて自分に合わせて改善していくもの」、「お施主さんの喜ぶ顔が何より一番で、何年か経った時に良い家を建ててくれてありがとう。という一言が勲章」、「土壁在来工法は残すべきものではなく、必然的に残るべきもの」と言われたことがとても印象に残りました。

(文責 清水秀丸)

DSC_7336 DSC_7342 DSC_7366 DSC_7400 DSC_7432 DSC_7451 DSC_7466 DSC_7475 DSC_7484


2016年6月10日

木の家スクール名古屋2016 第1回:5/28(土)第二部

民家のボキャブラリーで新しい建築を考える
講師:大角雄三 氏 (大角雄三設計室 主宰)

岡山で建築設計事務所を主催されている大角雄三さんのお話をお聴きしました。
大角さんの設計の拠点は、岡山の中心から西へ車で30分ほどのところ。田畑や山に囲まれた昔ながらの田園地帯です。
入母屋の母屋と蔵や納屋を構える農家が点在し、気候も地形も穏やかで、特に大きな自然災害もない豊かな土地柄。そこで年間に約6、7軒のペースで住宅設計を手掛けて来られました。これまで設計してきたもののおよそ1/3は民家の再生とのこと。
“風景となる建築。風景にとけ込んで目立たない住宅をつくりたい”と話す大角さんは、身近にある風景や民家をヒントに沢山の住宅を設計してきました。
大角さんの建築スタイルは、“民家をベースに古くて新しいものを創造する”というもの。独立後間もなく、仲間達とはじめた民家再生の活動で、全国の民家を見て回って実測をするなかで、「古い家は寒そうだし、使い勝手も悪そうだけど、そこにきちっとしたデザインを入れることで、きっと古くて新しい、良いものができる」と思い至りました。
大角さんが魅かれる民家の魅力。それは何と言っても野趣あふれる木材を組んだ骨組みです。「はじめに空間ありき」ではなく、そこにある材料でつくるしかないがために、大工が工夫して知恵と腕を奮ってつくっていることが、圧倒的な存在感を生んでいると話されます。スクリーンに映し出された『おかやま山陽高校記念館』の幾重にも折り重なって組み上げられた小屋組は、まさに美しくも圧巻でした。
“民家のボキャブラリーの中にデザインのヒントが隠れている”。
ナマコ壁、竹小舞、漆喰、紅殻漆喰、焼き杉板、燻し瓦、持ち送り、箱階段、土間。それら民家の中に見る総てが魅力であり、大角さんにとっての財産だと言います。
“古民家に新しい命を吹き込んで再生する”
“民家のボキャブラリーをアレンジして取り入れて新築する”
スクリーンに映し出される「再生」も「新築」も、“民家”というキーワードでつくられる大角建築は、どれも“古くて新しい”魅力的なものばかりでした。
(文責 丹羽明人)

DSC_6969

DSC_6974

DSC_6996

DSC_7028

DSC_7035