2018年12月26日

木の家スクール名古屋2018 第4回:10月26日(土)②

フィールドワーク② :おはらい町の町並み保存再生

講師:高橋徹(高橋徹都市建築設計工房・主宰)

 

鄙茅(ひなかや)の後は、伊勢内宮のおかげ横丁に移動し、碁会所をお借りして高橋徹さんのレクチャーを伺いました。高橋さんは、伊勢おかげ横丁、おはらい町、のまちづくりに長年にわかってかかわってこられました。内宮は、現在年間580万人(H29)が訪れる観光地で、おはらい町は欠かせない観光ルートとなっています。しかし、まちづくりの取り組みを行う前は伊勢神宮内宮の鳥居のすぐ前にバスが止まり、参拝した後にはバスに乗って志摩などの観光地に移動をされていたそうです。当時のおはらい町の写真を見ると、確かに「シャッター街」のようにも見えます。

この状況を打破するために、1979年に地元組織を発足させ、赤福さんをはじめとした地元の商店経営者のみなさんと二人三脚で、様々な取り組みをしてこられました。住民、企業、行政とともに行ってきた、修景や建て替え、まちづくりのご苦労などの話はとても興味深いものでした。

おはらい町のまちづくりは、いろんな幸運にもめぐまれたそうです。通りの長さが街歩きに丁度よく、その先に駐車場をつくることができたこと。メインの通りと並行して川沿いの道があって循環も可能なこと、そしてなによりも熱心な人材と企業に恵まれたことだとおっしゃっていました。

 

建物の修景工事への支援は、補助制度ではなく、あえて低利融資の枠組みをつくり、活発化させたそうです。県、市、民間の事業、国の補助事業などを駆使し、連携させながら一体的のあるデザインが行われてきました。行政とも協力して制度づくりなどをおこなっています。おはらい町の通りに直行する細い路地(世古道)は2m程度ですが、これを4mに拡幅してしまうと街並みが変貌してしまうことから、道幅を変えずに建物をつくったり直したりできるような仕組みなどを整えました。また、前田伸治さんなど経験豊かな設計者を起用し、コアとなる建物のデザインがなされたこともよかったのだろうと思います。我が国の資産となるまちづくりがこのようにして行われてききたのだということがよくわかりました。

(文責:宇野勇治)


木の家スクール名古屋2018 第4回:10月26日(土)①

フィールドワーク①:鄙茅(ひなかや)と木の建築

講師:前田伸治(暮らし十職一級建築士事務所・所長)

10月27日、秋晴れのもと、木の家スクールのフィールドワークとして、三重県多度町の料理店「鄙茅(ひなかや)」と伊勢のおはらい町、おかげ横丁を見学に訪れました。まずは「鄙茅(ひなかや)」からご紹介します。

「鄙茅」は、宮川を見下ろす高台に位置する茅葺屋根の料理店です。道路から敷地に入ると、山々を背景として寄棟茅葺きの建物が茶畑のなかに佇んでいます。まさに、絵にかきたくなるような懐かしく、美しい風景です。これが新築で、数年前に建築されたとはにわかに信じられないようなはまりようです。設計者の前田伸治さんにご案内をいただきながら、建物を見学させていただき、レクチャーもいただきました。

 

大きくうねる宮川の絶景を望むこの場所に、江戸時代からあったかのような姿で堂々と構える「鄙茅」ですが、何年もかけて土地探しを行い、数年をかけて設計し、腕利きの職人によって一から造られるなど、大変な御苦労をされたとのことです。茅葺きのお店をつくりたいというオーナーの夢をかなえるため、都市計画区域外(茅葺きが建築可能)で、かつ景観が美しく、宮川が見え、広い土地を探すということは大変だったようです。

前田さんは、中村昌生さんに師事され、伊勢のおはらい町の建物も多く手がけられるなど、伝統的な建築手法に精通しながら、現代的な解釈と魅力にあふれた設計をされてきています。今回の鄙茅も、バランスのよい美しい寄棟茅葺のプロポーションを守りながら、さまざまなチャレンジをされています。

南側の茅葺き屋根を大胆にカットし、開口部をダイナミックにとることで、宮川と山の風景を堪能できるようになっています。また、茅葺屋根の小屋組みを、古民家に多くみられるサス形式ではなく、和小屋とし、これに細い磨き丸太を扇垂木状に掛けています。下から見あげると、小屋裏はとても軽快で美しい空間となっています。

左官の磨き仕上げをかまどやレンジフードなどに用いることで、和でありながら新鮮な雰囲気も感じられます。宮川に面して張り出してつくられた座敷も3面が開放されて気持ちのいい空間となっています。建物の宮川に面する側は盛り土として一段高くなっています。これは、宮川を望む際に、より上方から、クリアに見せる為の工夫で、見事に功を奏しています。伝統を踏襲しながら、随所に風景や空間を際立たせる工夫やユニークなアイデアが盛り込まれており、大変勉強になりました。

 

 

 

また、料理も大変手が込んでおり、季節感にあふれ、自然を感じられる大変美味しいものでした。お伊勢参りのぜひお立ち寄りください。おすすめです!


(文責:宇野勇治)


2018年10月1日

木の家スクール名古屋2018 第3回:9月22日(土)②

木構造のコンセプトとデザイン

講師:山田 憲明 氏 (山田憲明構造設計事務所・主宰)

続く第2部は、「木構造のコンセプトとデザイン」と題して山田憲明さん(山田憲明構造設計事務所)に講演を頂きました。山田さんは、大学を卒業された後、伝統木造も積極的に使われる構造家として有名な増田一眞氏に師事することで木構造の世界に関わるようになり、2012年よりご自身が代表を務める山田憲明構造設計事務所を立ち上げられました。木材は、古今東西最も多く使われている構造材料ではありますが、時代背景(法令、森林状態)により、多様な建築が生まれてきたこと、構造材料として課題も多いことの説明から講演が始まりました。

講演は、これまでご自身が設計に関わってきた多くの事例を紹介するかたちで進められました。建物を建設する上で大事なことは、構造システムの3要素(素材、接合、かたち)と、それら3つの親和性(性能、コストなど)であり、木造は鉄筋コンクリート造や鋼構造より多様な選択肢があるとの言葉には、会場の聴衆の中にも思わず首を縦に動かす人がちらほら。山田さんご自身も、「伝統と向き合う」ため、伝統木構造の考え方・技術や、要素技術の活用と発展を検討し、伝統木構造を生きた技術にする努力をされているそうです。大洲城天守(愛媛県)や本山寺五重塔保存修理工事(香川県)の設計では、フレーム解析や、時刻歴応答解析など、最先端の手法を使いつつも、太い柱と梁による木材のめりこみ剛性や、太い柱で考慮される柱傾斜復元力など伝統的な耐震要素にも着目された点がとても印象的でした。また、保育園で木構造をあらわしとした、わかたけ保育園(熊本県)の設計など、伝統的ではない木構造にも積極的に取り組まれていますが、あえて一箇所だけサクラの雇いほぞが見えるよう配置した事例が紹介されました。

次に、木構造の多様な素材と接合法について、「つくり方」を考えた設計事例が紹介されました。お施主さんからの様々な依頼に対して、想像と発想を駆使して解決された事例が次々に紹介され、どれも美しい形状のものばかりです。中には接合部が本当に収まるのか確認するため、実大模型を作ったお話や、建物の一部分を実際に建築し、大工さんと共に施工手順の確認まで行った話など、とっても興味深い内容ばかりです。

最後に、大空間への挑戦として、国際教養大学図書館「中嶋記念図書館」(秋田市)や大分県立屋内スポーツ施設(大分市)が紹介されました。山田さんは、日本だけでなく世界でも木構造の要素技術がうまれており、とても良いことだが、設計の自由度が高まることは難しくなることを意味している。今後も構造システムの3要素を統合していくことが、構造デザインの本質であると言われ、安全な木構造を作り続けていくことの大切さを改めて感じながら、講演を締めくくられました。

(文責 清水秀丸)


木の家スクール名古屋2018 第3回:9月22日(土)①

歴史都市京都の都市構造と京都型住居モデル

講師:魚谷 繁礼 氏 (建築家、魚谷繁礼建築研究所・代表)

木の家スクール名古屋2018 第3回は魚谷繁礼さん(魚谷繁礼建築研究所)を講師に迎え、「歴史都市京都の都市構造と京都型住居モデル」と題して講演頂きました。講演は、新築木造の紹介から始まり、増築木造と建築基準法、最後に京都の都市構造と京都型住居モデルが内容です。

魚谷さんは、学生時代を京都で過ごされ、研究対象に町家を選んだことから木造建物の魅力に取り付かれたとか。その中でも、既存の町家を早く、安く、たくさん改修して後世に伝える仕事に今は精力的に取り組まれています。これは、まったくの偶然ですが、次回(第5回)の講師をお願いしている布野修司先生の研究室に所属したこと、本会とも関連の深い加子母で遥拝所の建設に木匠塾で関わられたことの2点が、学生時代の魚谷さんに大きな影響を与えたようです。私としては、不思議な縁を勝手に感じてしまいました。

新築木造の紹介では、魚谷さんがこれまでに設計された建物を4棟ほど紹介頂きました。鹿島の森の住宅では、森の中にある樹木をさけるように建物を設計し、森の中にたたずむ住宅をイメージされた素敵な建物でした。道の駅 みのりの郷 東金では、地域産材を多く使って欲しいとの要望に応えたはずが、逆に木材が足らなくなる事態が発生し、別地域の木材を使用したなど、苦労することも多いようです。どの建物も木材をいっぱい使われていること、木造建物の設計は、線材(軸組)に面(壁)を貼っていくと考えると設計が自由になるという言葉が印象的でした。

増築木造と建築基準法では、様々な関係法令を考慮しながらも、楽しんで設計されていることがスライドから伝わってくるような内容でした。増改築は新築では決してたどり着かない平面となることに“面白み”であるという言葉は、まったくその通りだと感じます。町家の上に鉄骨で骨組みをつくり、コンテナを配置する「コンテナ町家」とか、自由な発想も多く、根継ぎなどの伝統構法を使えば鉄筋コンクリート建物よりも改修が容易という発言も心強かったです。

京都の都市構造と京都型住居モデルのお話しでは、京都の町家の変遷や、路地に注目されていることを講演頂きました。町家とは、道路に面して住みたいという発想から生まれたもの、町家の所有者が商売替えの際に、路地を作って長屋が誕生したこと、京都では長屋の路地奥にこそ街並みが残っていて、そちらを積極的に残すべきだと熱く語って頂きました。現在の京都では、町家が取り壊されると屋外駐車場となり、最後にセットバックしたマンションとなる事例が多いそうです。

最後に、魚谷さんが設計されたシャアハウスなどの事例を紹介頂き、3畳の部屋を敢えて残した平面計画などに結構人気が集まり、町家に若者が集まる楽しい空間の絵をイメージしながら、講演は終了しました。

 

(文責 清水秀丸)


2018年8月15日

木の家スクール名古屋2018 第2回:7月21日(土)②

土に学ぶ暮らし ~コミュニティたんぼのつくりかた~

講師:菊地 晃生 氏 (ファームガーデンたそがれ 主宰)

「設計の実務をしている方に、田んぼで米作りをしている私が何を伝えれば役に立つのか?ですが、今までやってきた事を紹介して、何らかのヒントになれば!」と、お話が始まりました。

「16年前に豊橋技大で都市計画、地域計画の研究室にいた頃に藤岡先生にお目にかかり、名工大の博士課程で藤岡研究室のお世話になり、自分は何がしたいか?自分は何が出来るか?を自問自答する時間となりました。」

「建築のデザインや設計に関心があり、伊東豊雄さんの処でコンペを手伝ったりしましたが、一本の線を引くのが怖く、図面上で物事を決める事が危険な行為と思え、物を作るより、木を植える事をしたいと気付き、15年前に帯広のランドスケープの会社に入社しました。」

「関わった仕事は、森を庭のように変えていき、野鳥の活動を町まで広がるようなプランニングとか、街を見渡す自然公園とか、計画は面白いのですが、自分の身体感覚とのギャップが有るなと感じていました。そんな折に、祖父の交通事故が有り、母と祖母だけで田んぼの世話は無理と判断し、実家に帰る事にしました。秋田のランドスケープは、森林と水田。田んぼを軸に、自分の出来ることをしようと、考えました」と、ここまでは講義の言葉を書き出しました。

此処から先は、農業従事者としての生き方に変わるのですが、農業従事者の人数が将来どの様に変化していくか?湖を干拓して農地を作った八郎潟は、農業従事者が減る将来は、またもとの八郎潟に戻すのだろうか?など、深い疑問を感じながらも、農業の楽しさを都会の人にも分かち合う仕組みを考え、実践を始めた様子のお話です。無農薬のお米づくりから始まった農業のようですが、最近は、一般の方も農業に参加できるシステムも始めた様子です。

「小さな農を営み、小さなコミューンを作る動きが活発になってきている。あらゆる地域に同じような感覚を持っている人がいる。その人達と関わりを持ち、大きなうねりにしていけないか、が今の僕の願いです」との言葉で講義は終わりました。この先が楽しみです。

是非、講義のビデオを借りて、農業従事者としての菊地さんの暮らしぶりを楽しんで下さい。

(文責:寺川千佳子)


1 2 3 4 5 6 24