2019年6月7日

木の家スクール名古屋2019 第1回:6月1日(土)②

なぜそこにシロアリがいるか

講師:神谷 忠弘 氏(岡崎シロアリ技研・代表)

 

第2部は、「シロアリの生態と対策 シロアリはどこから来るか」というタイトルで神谷忠弘さん(岡崎シロアリ技研)に講演を頂きました。神谷さんの講演は、様々な学問分野の見識を織り交ぜたものとなりましたが、会場からは定期的に笑い声が聞かれる、良い意味で質の高いエンターテイメントを見ているような賑やかな講演となりました。

シロアリとは、湿気によって湧いて出る生物ではなく、和漢三才図会にも登場する一般的な土壌生物であり、シロアリの8割を占めるヤマトシロアリはもともと多くの土地に生息すること、2割のイエシロアリは限られた地域に生息するとの説明が最初にありました。シロアリ対策の元来の対象種はイエシロアリだけであったこと、加害規模は世界一であること、間違ったイエシロアリ駆除は意味がなく、シロアリの特徴・生態を理解したうえで駆除することが大切だそうです。また、日本に住むシロアリは、他にもカンザイシロアリなど外来種が多く入ってきているとの紹介がありました。講演の中で、特に印象深かったのは、毎年春になると現れる羽アリに関することです。羽アリとは、集団の個体数調整、つまりリストラされたシロアリという意味が大きく、羽アリのほとんどは死亡するか、他の生物にとって高タンパクの餌となるとか。どうしてもアリという言葉が頭から離れず、アリの「巣別れ」というイメージを抱いていた私にとっても、新たな発見が得られる貴重な機会となりました。

会場が最も聞きたいシロアリ対策の要とは、駆除と定期点検だそうです。木材の防腐防蟻処理とは、両者を折衷させた概念で、どちら側からも不十分な処理となってしまうとか。新築建物の対策としては、駆除と定期点検が容易に行えるような構造を確保すること、そうすれば例え加害されたとしても早期発見することで対応できるとの説明には納得です。また、昔からの知恵として建物の下の部材ほど心持ち材や固い木材を使う理由はシロアリ対策であることが述べられると、聴衆が頷く音が聞こえるようでした。建物が自然の中に建つ以上、否応なしに生き物との共生が必要となり、新築またはリフォームされた建物を加えた1つの生物バランスが生まれるまで、約10年以上の時間がかかるそうです。この間、生き物が環境の変化に適応しようと繁殖力を高める爆発的活動期に入るとか。イエシロアリの場合、駆除には巣を探すことが最優先であり、羽アリの飛散など、近隣の前兆現象を捉えることが有効だそうです。カンザイシロアリの場合、近所に生息している場合は、建物全体の予防は不可能と考えること、建物が倒れるほどの被害にはなりにくいので、点検と駆除ができる構造が大切であると説明されました。

会場からの質問として、今までシロアリどころか虫が嫌いで仕方無かったが、今日の講演を聴いて虫に愛着がわいてきた。なんとかシロアリと共生する選択肢は無いのかという質問などがあり、また会場が笑いに包まれました。神谷さんからは、伊勢神宮の式年遷宮がその答えになるかもとの回答を頂き、第1回目の木の家スクール名古屋2019は終了となりました。

(文責:清水)


木の家スクール名古屋2019 第1回:6月1日(土)①

中大規模木造に用いる製材を利用した工法への取り組み

講師:河本 和義 氏(NPO法人 WOOD AC・代表)

 

皆さま、こんにちは。今年も木の家スクール名古屋が始まりました。2019年の第1回目は、河本和義さん(WOOD AC)、神谷忠弘さん(岡崎シロアリ技研)を講師に迎え、スタートです。

河本さんの講演は、「中規模木造に用いる製材を利用した工法開発への取り組み」というタイトルで、ご自身の自己紹介から始まり、高品質な木造建物を多く建設してもらうために作成した「低コストマニュアル」の紹介、集成材ではなく製材を利用した大きな柱スパン工法の紹介や開発苦労話、普段から意識している構造設計のポイントなどを分かりやすく講演頂きました。

自己紹介では、恩師である村上雅英先生や、稲山正弘先生をはじめとする諸先生方との出会い、日本の山をよみがえらせるという目標をもってWOOD ACの設立に参加したことや、村上先生の言葉「皆と同じことをすれば、競争相手が多く苦労します。木質構造は競争相手が少なく楽しい人生がおくれます。」という言葉に込められた意味などが語られ、徐々に会場が温められていきました。

低コストマニュアル事例集の紹介では、床面積が少し大きな建物を設計する際、意匠設計者が「木造化するとコストが高くなる」というイメージを強く持つことから、木材を無駄なく使う建築物とすることで低コスト化をはかり、木造の設計施工増に繋げるポイントが示されました。木造化できるか否かの一番のポイントは梁スパンのチェックであり、製材を使いたい場合は4~6m程度の梁スパンで住宅用のプレカットが使用できるため低コストとなること、6m以上は集成材やトラスで対応出来るがプレカットが使えなくなったりすることで高コストとなりやすいそうです。その他、低コストにつながる設計のポイントとして、大きな梁スパンの空間を設計する場合、スパンの中央に柱を設置することは難しくても、スパンの端っこに柱1本を設置するだけで大きな梁断面を小さくすることができ、低コスト化に繋がるなど、実務者として数多くの構造設計を経験したことによる貴重な意見を聞くことができました。

 

製材を利用した工法の紹介では、岐阜県木材協同組合連合会を主体として開発した木造平行弦トラスなどが紹介されました。製材を利用した12mの梁スパンを実現するため、多くの構造・防耐火実験を行ったこと、トラスを設計する上のポイントはクリープであることがわかり、2年間も継続した実験を行い、より高い安全性を確認していることが紹介されました。また、ヒノキ製材を用いた門型ラーメン工法の開発を行うなど、コストという言葉を意識した商品開発を行っていることを強く感じた講演となりました。

最後に、河本さんが日頃より感じている構造設計の考え方として、建築基準法に示されている基準とは最低限のものであり、より高い安全性を確保するためにも設計で見落としがちな検討項目をチェックする必要があること、地震に対する検討に加えて数年毎に確実に来る可能性の高い風に関する検討も積極的に行っていくことが大事であることが語られて、講演を締めくくられました。

(文責:清水)


2019年4月4日

緑の列島 木の家スクール名古屋2019 受講生募集中!【受付終了しました5/26】

皆さま、こんにちは。
今年も木の家スクール名古屋の受講生を募集いたします。

「木の家スクール名古屋」は「木の家」のつくり方と暮らし、森と木の文化について学ぶ連続講座です。2003 年にはじまり、今年は17年目を迎えました。

​今年のテーマは、原点に立ち返り「森と木とくらしの持続可能性」です。森林のこれからや都市の緑、木を活かした建築の作り方、古い木造建築の再生などについて、学術的な観点とビジネスの視点から、皆さまと共に考えていきたいと思います。

★講義内容はこちら
https://kinoieschool.wixsite.com/nagoya/gaiyou

★お申込みはこちら
https://kinoieschool.wixsite.com/nagoya/jukou

お待ちしております。(文:田中)


2018年12月26日

木の家スクール名古屋2018 第4回:10月26日(土)②

フィールドワーク② :おはらい町の町並み保存再生

講師:高橋徹(高橋徹都市建築設計工房・主宰)

 

鄙茅(ひなかや)の後は、伊勢内宮のおかげ横丁に移動し、碁会所をお借りして高橋徹さんのレクチャーを伺いました。高橋さんは、伊勢おかげ横丁、おはらい町、のまちづくりに長年にわかってかかわってこられました。内宮は、現在年間580万人(H29)が訪れる観光地で、おはらい町は欠かせない観光ルートとなっています。しかし、まちづくりの取り組みを行う前は伊勢神宮内宮の鳥居のすぐ前にバスが止まり、参拝した後にはバスに乗って志摩などの観光地に移動をされていたそうです。当時のおはらい町の写真を見ると、確かに「シャッター街」のようにも見えます。

この状況を打破するために、1979年に地元組織を発足させ、赤福さんをはじめとした地元の商店経営者のみなさんと二人三脚で、様々な取り組みをしてこられました。住民、企業、行政とともに行ってきた、修景や建て替え、まちづくりのご苦労などの話はとても興味深いものでした。

おはらい町のまちづくりは、いろんな幸運にもめぐまれたそうです。通りの長さが街歩きに丁度よく、その先に駐車場をつくることができたこと。メインの通りと並行して川沿いの道があって循環も可能なこと、そしてなによりも熱心な人材と企業に恵まれたことだとおっしゃっていました。

 

建物の修景工事への支援は、補助制度ではなく、あえて低利融資の枠組みをつくり、活発化させたそうです。県、市、民間の事業、国の補助事業などを駆使し、連携させながら一体的のあるデザインが行われてきました。行政とも協力して制度づくりなどをおこなっています。おはらい町の通りに直行する細い路地(世古道)は2m程度ですが、これを4mに拡幅してしまうと街並みが変貌してしまうことから、道幅を変えずに建物をつくったり直したりできるような仕組みなどを整えました。また、前田伸治さんなど経験豊かな設計者を起用し、コアとなる建物のデザインがなされたこともよかったのだろうと思います。我が国の資産となるまちづくりがこのようにして行われてききたのだということがよくわかりました。

(文責:宇野勇治)


木の家スクール名古屋2018 第4回:10月26日(土)①

フィールドワーク①:鄙茅(ひなかや)と木の建築

講師:前田伸治(暮らし十職一級建築士事務所・所長)

10月27日、秋晴れのもと、木の家スクールのフィールドワークとして、三重県多度町の料理店「鄙茅(ひなかや)」と伊勢のおはらい町、おかげ横丁を見学に訪れました。まずは「鄙茅(ひなかや)」からご紹介します。

「鄙茅」は、宮川を見下ろす高台に位置する茅葺屋根の料理店です。道路から敷地に入ると、山々を背景として寄棟茅葺きの建物が茶畑のなかに佇んでいます。まさに、絵にかきたくなるような懐かしく、美しい風景です。これが新築で、数年前に建築されたとはにわかに信じられないようなはまりようです。設計者の前田伸治さんにご案内をいただきながら、建物を見学させていただき、レクチャーもいただきました。

 

大きくうねる宮川の絶景を望むこの場所に、江戸時代からあったかのような姿で堂々と構える「鄙茅」ですが、何年もかけて土地探しを行い、数年をかけて設計し、腕利きの職人によって一から造られるなど、大変な御苦労をされたとのことです。茅葺きのお店をつくりたいというオーナーの夢をかなえるため、都市計画区域外(茅葺きが建築可能)で、かつ景観が美しく、宮川が見え、広い土地を探すということは大変だったようです。

前田さんは、中村昌生さんに師事され、伊勢のおはらい町の建物も多く手がけられるなど、伝統的な建築手法に精通しながら、現代的な解釈と魅力にあふれた設計をされてきています。今回の鄙茅も、バランスのよい美しい寄棟茅葺のプロポーションを守りながら、さまざまなチャレンジをされています。

南側の茅葺き屋根を大胆にカットし、開口部をダイナミックにとることで、宮川と山の風景を堪能できるようになっています。また、茅葺屋根の小屋組みを、古民家に多くみられるサス形式ではなく、和小屋とし、これに細い磨き丸太を扇垂木状に掛けています。下から見あげると、小屋裏はとても軽快で美しい空間となっています。

左官の磨き仕上げをかまどやレンジフードなどに用いることで、和でありながら新鮮な雰囲気も感じられます。宮川に面して張り出してつくられた座敷も3面が開放されて気持ちのいい空間となっています。建物の宮川に面する側は盛り土として一段高くなっています。これは、宮川を望む際に、より上方から、クリアに見せる為の工夫で、見事に功を奏しています。伝統を踏襲しながら、随所に風景や空間を際立たせる工夫やユニークなアイデアが盛り込まれており、大変勉強になりました。

 

 

 

また、料理も大変手が込んでおり、季節感にあふれ、自然を感じられる大変美味しいものでした。お伊勢参りのぜひお立ち寄りください。おすすめです!


(文責:宇野勇治)


1 2 3 4 5 6 25