2019年10月3日

木の家スクール名古屋2019 第4回:9月28日(土)①

里山林の歴史と再生

服部 保 氏(兵庫県立南但馬自然学校・校長、兵庫県立大学・名誉教授)

木の家スクール名古屋2019、本年度の最終回となる第4回は、本会の原点である森と木の文化について学ぶべく、服部保さん(兵庫県立南但馬自然学校)、萩野寿也さん(萩野寿也景観設計)を講師に迎えました。

前半、「里山林の歴史と再生」と題した服部さんの講演は、日本昔話、小倉百人一首など歴史や言い伝えなどからも日本人と自然の関わり合いを知る内容となりました。私たちがよく口にする「里山」とは、人間が作り出した植生であり、自然の形態ではない。では、自然の植生とは何かと研究を進めると森(原植生)にたどり着き、年降水量と年平均気温で決定され、世界でも10個しかない。日本には、そのうち4個あり、西日本は照葉樹林、東日本は夏緑樹林が多かったことが研究で分かってきたそうです。つまり、古代の西日本は「もののけ姫」に描かれているような、常緑の森で覆われていた薄暗い空間だったはずだと言われても、とても想像ができません。

その後、人間によって原植生の破壊がはじまり二次林(里山林)が誕生した。その時代は狩猟採取から農耕へと生活様式が大きく変化した弥生時代、定住した人間は燃料・肥料を持続的に採取できる場として里山を誕生させたそうです。なお、「里山」という言葉は、最近になって復活した言葉のようで、江戸時代には「山」と言っていたとか。なぜなら日本昔話によく出てくる「おじいさんは山に柴刈りに、、、」というフレーズ、里山のことを山と言っている証拠だとか。毎日、山に柴刈りに行ったおじいちゃんは、実は里山の管理者だったそうです。また、小倉百人一首でも「奥山に紅葉ふみわけ、、、、」とあるように森(原植生)のことを、わざわざ「奥山」と言っていたそうです。言われてみれば、すべて聞いたことのあるフレーズなので、納得でした。「となりのトトロ」に出てくる山の風景が里山のイメージだそうです。

時代が進み現在、主燃料が薪や柴から化石燃料に変化すると、里山の3原則(更新、輪伐、柴刈り)を行われているところは皆無なため、里山はほぼ無くなったとか。兵庫県の一部のみ、茶道で使用する炭を生産するため台場クヌギなどの工夫をした本当の里山が残っているそうです。全国的に里山放置林をどのようにしていくか、今の服部さんが取り組んでいる大きな問題です。

服部さんは、里山が持っていた多様性・明るさだけでも残したいと、兵庫県で積極的に活動しているそうです。里山の森林の機能を考え、生産機能(燃料・肥料)は消失したが、多面的機能(環境機能、減災機能、文化機能)は持続しているため、大切にすべきであるというのが服部さんのお考えです。各地で昔の里山に戻す試みを行われているようですが、我々が薪、炭を使う生活に戻らない限り経済的に無理が大きい、だったら里山を多様性夏緑高木林に変化させるため、常緑樹林を伐るなどの活動を行っているとのことでした。

会場の聴衆からも、日本全国の放置里山林に関する質問や、原植生と里山林の多様性の質・量の違いに関する質問が出るなど、とても充実した講演となりました。

(文:清水秀丸)


2019年9月24日

木の家スクール名古屋2019 第3回:9月7日(土)②

歴史的資源を活用した観光まちづくり

金野 幸雄 氏(元・一般社団法人ノオト代表理事)

休憩を挟んで第2部では、金野幸雄さんより、「今日は自分の手法を全国に普及するためやってきた。」との言葉から講演が始まりました。金野さんの専門分野は国土計画で、県職員や副市長、大学教員など様々な職種を経験されています。現在は、全国の古い民家をどのようにして保全・活用するかに関わっており、歴史的な建造物を生かし、行政以外の資金によってビジネスとする事例やコツを中心に講演頂きました。

古民家のもつ風合いを残し、その建物が一番輝いていた時代に戻すことが古民家再生の取扱方法である。決してピカピカの状態とすることではなく、現在の生活にマッチするよう水廻りなど必要な改修を加えるが、文化財の改修手法を踏襲するとの話は、多くの聴衆の共感を得ていました。そうすることによって、たとえ田舎であってもクリエイティブな若者がやってきて地方創生に繋がるそうです。その具体的な事例として丹波篠山市の、集落丸山、篠山城下町ホテルを紹介頂きました。発想の原点は、フランスやイタリアの片田舎に行くとあるオーベルジュをイメージした地産地消モデルです。

集落丸山のポイントは、景観保護条例との関わり合いでした。景観保護条例が制定された当時は、開発から街並みを守ることに重きが置かれていましたが、現在は街並みを守るため空き家を活用することが重要だと、この地域で気づいたそうです。そして、集落の空き家をビフォーアフターではなく、アフタービフォーして宿泊施設とレストランとしました。現在は、集落でビジネスとなるよう運営を任せ、もう10年が経過したそうです。篠山城下町ホテルNIPPONIAでは、歴史的な街中で歴史施設、宿泊棟、カフェ・工房などを分散型開発した事例が紹介されました。これらは文化/観光/まちづくりが幸せな1つの融合を生み、地域でお困りの「負の遺産」が輝き出す可能性を十分に感じさせてくれる内容でした。

後半は、ご専門の国土計画の話題を中心に、各種法律が話題の中心となりました。建築基準法で古民家は「既存不適格建築物」と呼ばれる、重要文化財などは法の適用除外であるが、活用することで積極的な保存の方向へ向かうべきだと持論を紹介されました。平成30年に施行された旅館業法改正でも、最低客室数や客室の構造設備が撤廃されたため、古民家でも旅館にしやすくなったこと、平成31年に施工された文化財保護法改正では文化財の確実な継承に向けた保存と活用が要点であり、PPP(官民連携手法)によって、民間の予算を活用することが大切だと紹介されました。

最後に、歴史的資源を活用した観光まちづくりのため、今日の聴衆より「まちづくりビークル」が出てくると嬉しいとの期待が込められたメッセージによって講演が締めくくられました。会場よりの質問として、ビジネスとして継続的に事業を行うポイントが聞かれ、生きがいモデルとすれば後継者がいなくなり、一代限りとなってしまう。一方、地域の向かう方向を見定め、ビジネスとして運用可能な組織をつくることにより持続可能性が高まるとの回答は納得でした。

(文:清水秀丸)


木の家スクール名古屋2019 第3回:9月7日(土)①

2035年に当たり前に木材のある社会を目指して

―飛騨五木グループの取り組み―

 

井上 博成 氏(飛騨五木株式会社・企画研究室長、すみれ地域信託株式会社・常務取締役)

 

木の家スクール名古屋2019第3回は、木に関わる文化や伝統をどのように継続的なビジネスとするかを主題とし、台風15号が迫る真夏日の中、井上博成さん、金野幸雄さんを講師に迎えました。

第1部の井上博成さんの講演では、井上グループ全体のビジョン「自然資本から地域を変える」のもと、森林がもっと身近に、持続可能となるよう精力的に活動されていることが説明されました。なんと、井上さんの地元である高山市は日本一広い自治体で、その93%が森林面積(大阪府と同程度)だとか。事業構築のきっかけは、木材がすべて建築で使われた場合のサプライチェーンを想定すると、数兆円の経済規模が高山市に出現し、それを50年サイクルで循環させたいとの壮大な夢だそうです。ご本人も、この想定はありえないが、基本的な考え方として木材をただ燃やすのではなく、「1本の丸太の価値の最大化」を目指し、地域商社・地域金融として高山市をスタートとして、ゆくゆくは日本各地の地域の森を元気にしていきたいと。その夢を実現するため、高山に大学・大学院を設置することまで考えているそうです。

話題は、井上さんの専門であるエネルギー事業へと。井上さんは、再生可能エネルギーの研究といえば太陽光ばかりで水力、地熱、バイオマスなどが少ないことに違和感を覚え、大学の指導教員に相談に行きます。すると先生より、「ボトムアップとして、自分で設立した方が早い」とアドバイスを貰い、自ら活動を開始したそうです。自然豊かな高山市で、再生可能エネルギーによる地域再生に向けた地域の価値創出を目指し、高山市は自然エネルギー利用日本一を目指すとおっしゃっていました。その夢を実現するため、バイオマス・小水力エネルギーに着目しているそうです。バイオマスの研究としては、ドイツのモデルを参考とし、電力供給ではなく熱供給を行い、燃料を重油・灯油から木質へ転換することを目指しています。小水力では、環境・生態系への影響負担が大きくない自然と調和できるミニ水力、マイクロ水力を選択し、すでに完成している事例を紹介頂きました。

これらの夢は、2014年に策定した20年ビジョンに沿った行動で、井上グループや仲間と一緒に乗り越えてかたちになってきたことが熱く紹介されました。自社で金融から不動産・林業・建築など、様々な事業を展開し、行動の根底には木材が当たり前にある社会を形成することが、聞いていて心地よい感覚を覚えたのは、私だけではなかったことでしょう。

講演を通して、聴衆の専門外であるエネルギーの話を分かりやすく、かみ砕いて説明頂き何より数字に裏付けされた事前予測には、納得のいくことばかりした。ただ、何よりも井上さんの行動力には驚かされっぱなしの1時間半でした。

(文:清水秀丸)


2019年7月14日

木の家スクール名古屋2019 第2回:7月6日(土)②

木を生かす建築

講師:望月 義伸 氏
(伊藤平左ェ門建築事務所・名古屋所長)

「旅先で景色を見ていると、日本は緑に溢れていて良いなあ~と感じるが、実は山は荒れています。
良い木が手に入りにくいので、木を大切に使いたいという話をします」と、講義が始まりました。

杣(ソマ)とは、字の通り、木のある山のこと。
近世、木挽(コビキ)さんは木を切ることの専門家。
杣と現場を繋ぐのが木挽さんの役目です。

■木材の流れ

古代:杣人 → 大工 → 現場

中世:杣人 → 番匠(現在の大工さん)→ 現場

近世:伊勢湾台風以後、機械製材が盛んになり、
木挽の職業が無くなった。木の製品化が進み、木が規格化され、コスト競争が始まり、
自然の伐り売りが始まり、山の崩壊が始まった。
更に、外材の使用が増え、現場と杣とが分離してしまった。
現在の木造建築の欠点が此処にあると思う。
「どの時代も 杣(木)と現場を結ぶ人の育成が必要。

■木材と乾燥

木挽は木材を乾燥させずに引くが、木挽が引いて建てた家は、ほとんど狂わない。
しっかり製材をすれば、狂わない。
「木の特性を知り、原木から本気を取ることが大切。」

 

 

■木構造・柱の足元

① 地中に柱を埋める。
② 礎石の上に柱を立てる。その際、柱を太くする。
③ 土台の上に柱を建てる。

■木構造・架構

① 京呂
② 折置
③ 木組みをせず、金物で固める・・・強度は

「構造が丈夫であることが、大切。」

 ■木を活かす金物

① 和釘
② スクリュー釘

木造には金属が不可欠。木を活かすには、各素材との共存と互いに補い合う関係になるべし。

 

講義の後半では、会場の外に準備された丸太を大鋸などで丸太挽きする実演の後、受講生も順番に体験をさせて頂きました。

「手元と切口、そして丸太の端に視点を置きながら全体を見るように」、
「刃が焼けないように、ゆっくり挽いてください。」
こう言われるように自ら鋸を挽いてみて、
講義冒頭で望月先生が言われたその木の特徴を読み取って挽いた木材は長持ちする」
との言葉について合点がいきました。

こうしてゆっくり挽いていると、なんだかこの丸太と対話しているような気分になってくるのです。
「無」で木に向き合う心地の、充実した一時でした。

(文責:寺川、丹羽)


木の家スクール名古屋2019 第2回:7月6日(土)①

今に活かす昭和の丁寧な暮らし

講師:小泉 和子 氏

(昭和のくらし博物館・館長、家具道具室内史学会・会長)

小泉先生は、家具や道具の研究がご専門。
その専門的な研究に加え、昭和25年に住宅金融公庫の融資の最初の基準に沿って、
建築家のお父様が設計して建てた家を、「昭和の暮らし博物館」として一般公開している。
「今は、畳も床の間も知らない学生さんが多く、驚くべき状況です」と、
「昭和の暮らし」の話が始まった。

昭和の時代、エアコンなどは無くとも、開放的な造りで、四季を通じて快適に暮らす知恵が昔の家には詰まっている。

例えば、暮には大掃除の為に、
①畳を外して干す、②障子を張り替える、③茶殻を撒いて畳を掃除する。④床の間の軸を変え、⑤鏡餅やお飾りを支度してお正月を迎える。

夏は風通しを大事にし、御簾やスダレを掛け、座布団にも夏用の麻やパナマでカバーを掛ける。
冬は火鉢や炬燵を出す。季節の変化に細やかに応じるには、蔵がないと暮らしていけない。
現在の住宅事情ではなかなか実現が難しいのがこの点だ。

使い勝手の良い魅力的な家とはどのようなものか。
縁側が有り、軒下が有り、汚れ仕事用の土間が有り、糠味噌を置く床下があり・・・と、
人の多様な暮らしの工夫を自在に受け止めうる応用性に富んだシンプルな空間と、
そこに人が季節のしつらえを小まめに施すことで実現される、魅力的で快適な空間こそが良い家なのだと説かれた。
また、こうしたしつらえがあってこそ日本の家は魅力的なものになりえるのであり、文化財級の建築であっても、
ただ建築を見せるだけではその真価が伝わらないとも力説された。

この様に、夏には夏の対処をし、冬には冬の支度をして、
暮らしやすさを確保してきた日本住宅の工夫を、『仕舞う』という本にまとめられたとのこと。
この他にも、暮らしの技術や工夫に関するご著書も多数出版されているので参照されたい。
最後に、「買うと人はバカになる」との名言とともに、
知恵と工夫と熟練した手技からなる「生活技術」を磨くことが人間力を高める大事なことなのだと講義を締めくくられた。

(文責:寺川)


1 2 3 4 5 6 26