2009年4月30日

これ木連「伝統構法」に関する連続勉強会 第2回 待ったなし!住宅瑕疵担保履行法 伝統構法への対応はどうなるのか?

第2回 待ったなし!住宅瑕疵担保履行法 伝統構法への対応はどうなるのか?

住宅瑕疵担保履行法が10月1日より施行されます。国土交通省では昨年来、この制
度の周知のために各地で講習会等を行っています。しかし、土壁や板壁、外壁真
壁造、構造的な特性など伝統構法の仕様に対する扱いが不確かであったり、保険
の受け皿である保険法人の定める設計施工基準がこれらの多様な仕様に対応しき
れていない状況など、具体的な課題も見えてきました。

実務への混乱を小さくするために、行政と保険法人が伝統構法について整理、検
討している内容を確認し、さらに現場から考えられる課題についての認識を深め
る勉強会を、二部構成で行います。

【日時】5月16日(土)13:30-16:30(開場13:00)
【会場】トラック会館 5階会議室
    東京メトロ四谷三丁目駅徒歩2分
    東京都新宿区四谷3-2
【講師】第1部 国土交通省住宅瑕疵担保対策室 豊嶋太朗氏
    第2部 (財)住宅保証機構 技術担当者
    司会進行 大江忍氏(NPO法人 緑の列島ネットワーク理事長)
【内容】住宅瑕疵担保履行法と伝統構法に関係する課題発見と解決法を探ります。
    参加者からの疑義、質問等への対応も予定しています。なお、住宅瑕疵
    担保履行法の基本的な内容については、理解されていることを前提とし
    たプログラムとしております。
【参加費】1,000円
【定員】60名(申込順、定員になり次第締切)
【申込】日本民家再生リサイクル協会(info@minka.jp、ファクス03-5216-3542)
    宛、参加者1名ごとに、氏名、所属、電話、ファクス、メールアドレス
    を明記のうえ、5月13日(水)までにお申し込みください。
【連絡先】日本民家再生リサイクル協会 担当:金井
    電話03-5216-3541 携帯090-7735-1460


2009年4月4日

4/1 緑の列島 木の家スクール名古屋2009 受講生募集開始!!

「近くの山の木で家をつくるスクール」は、2009 年度より
「緑の列島 木の家スクール」に名称変更して新たなスタートをきります。

「NPO 緑の列島ネットワーク」の共催をうけて2003 年にはじまった「近くの山の木で家をつくるスクール」ですが、この6 年の間に数多くの講座を開催し、建築関係者を中心に多くの受講生から高い評価をいただいてきました。
そしてこの6 年間には社会的な変化もありました。未だ多くの課題を抱えてはいますが、20%を下まわっていた国産材の利用率も上昇側に転じ、山の危機的現状への理解も高まりつつあります。これからも川上の森と川下の建築・生活者を結びつける活動を続けてゆきたいと考えています。
これまでの講座では、木の家を「つくる」ことに重心をおいてきました。私たちが様々な環境問題を克服してゆく上では、国産材・流域材の活用にとどまらず、都市の緑、家庭の緑を通じて環境にどう貢献できるかについても考えてゆく必要があります。
そこで、「木の家」における住まい方や生き方、農山漁村と繋がるライフスタイル、かつての日本にあった「木の文化」の深さなど、環境と健康と福祉を考えたこれからの「すまい」と「まち」をつくるための講座を、スペシャリストをお招きしながら開催してゆきます。
生活者と技術者の” 緑” に関わる知恵と行動は今後益々求められるでしょう。「緑の列島 木の家スクール」は、「木の家」と「住まいの緑」に関連する「学び」とネットワーク形成の場 づくりをめざして取り組んでゆきたいと考えています。
「近くの山の木を使った家づくり」や「緑あふれる居住環境」に関心のある生活者・技術者の皆様にぜひ受講いただけたらと考えております。

主催:「緑の列島 木の家スクール 名古屋」 実行委員会
共催:NPO 法人 緑の列島ネットワーク
   名古屋工業大学「 木の文化研究フォーラム」

 

講座(第1 回~第7 回)


■受講対象:「近くの山の木を使った家づくり」や「緑あふれる居住環境」
      に関心のある生活者・技術者
■受講料:(資料代含む):25,000 円
      受講料は初回受講時に受付にて徴収いたします。
■受講申し込みを行って下さい。
     ※欠席された場合は,資料のみ,後日送付させていただきます。

 

一般公開講座(第5 回のみ)
■受講料(資料代)
 一般1000 円、学生500 円 当日受付にてお支払い下さい。
■事前の申し込みは不要です。

会 場:名古屋工業大学(第6 回以外)

■会場の詳細は申込者に別途連絡します。
■名古屋工業大学はJR 中央線鶴舞駅 下車 徒歩約8 分です。
■第6 回のフィールドワークの集合時間・場所等詳細は別途連絡します。
■現地集合、現地解散です。講義終了時刻は多少前後することがあります。

募集期間:4 月10 日から受付開始(お早めに申し込み下さい)

■ 定員50 名(申込先着順)

■ 申込方法 :
  裏面の申込用紙に記入の上、FAX 又は郵便にてお申し込みください。
  もしくは、E-mail にて裏面の申込用紙の内容を記入し、送信して下さい。

■ 申込み先・問い合わせ: (担当:藤岡)
  E-mail: fujioka@nitech.ac.jp FAX:052-735-5182 

運営事務局:〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
      名古屋工業大学内 木の家スクール名古屋 事務局 藤岡

 個人情報は適切な管理を行い、講義等に関する連絡以外には使用しません。

パンフレット2009 木の家スクール名古屋(受講申込書付き)

pdfこのPDFをプリントアウトしてFAXにて申込できます

裏


2009年3月9日

3/15 第2回公開フォーラム 伝統構法を検証する時代が始まった

これから木造住宅を考える連絡会(これ木連)
第2回公開フォーラム

伝統構法を検証する時代が始まった
伝統構法の家が「つくれない!」から「つくるために」へ~

東京初の伝統的木造軸組構法の実物大住宅性能検証振動台実験報告会!

■日時 
3月15日(日)13:30-17:00(開場13:00)
■会場 
工学院大学 アーバンテックホール
新宿駅徒歩5分、都庁前駅徒歩3分 東京都新宿区西新宿1-24-2
http://www.kogakuin.ac.jp/map/shinjuku/index.html

■内容
◆講演「土壁の家への挑戦」中島健一郎氏
(顔写真)
毎日新聞警視庁キャップ、ワシントン支局長、社会部長、事業担当常務を経て2006年に退任。現在千葉県にて土壁の家づくりに挑戦しており、その様子を月刊「さかん」に連載中。

◆実験報告「伝統的木造軸組構法の実物大住宅性能検証振動台実験で見えてきたこと」大橋好光氏
(顔写真)
武蔵工業大学工学部建築学科教授。国土交通省伝統的構法の設計法及び性能検証実験実施委員会主査。伝統木造を建築基準法に位置づけるための性能確認、設計法構築における中心的な存在。

◆質疑応答
※司会進行 松井郁夫氏(松井郁夫建築設計事務所)
懇親会(17時頃から別会場にて、別途参加費4000円程度)

■フォーラム参加費 
2,000円

■定員 
200名(要事前申込、3/5締切、定員になり次第申込受付終了)

■主催 これからの木造住宅を考える連絡会(略称:これ木連)
財団法人住宅産業研修財団 優良工務店の会/職人がつくる木の家ネット/NPO伝統木構造の会/有限責任中間法人 日本曳家協会/NPO日本民家再生リサイクル協会/NPO緑の列島ネットワーク

■問合せ 
これ木連事務局
担当:金井(日本民家再生リサイクル協会) 
tel:03-5216-3541 携帯:090-7735-1460 メール:info@minka.jp

http://kino-ie.net/koremokuren/これまで伝統構法による木造建築は「建築基準法」に明確な位置づけがなかったため、特性の異なる現代工法向けにつくられている基準に無理やりあてはめる以外ありませんでした。2007年6月、耐震偽装問題の反省から基準法の運用をより厳格にした「改正建築基準法」が施行されると、もともと基準法に位置づけしにくい伝統木造建築はさらに建てにくい状況となり、「石場立て」など、もっとも伝統構法らしい木造建築が実質的には「つくれなくなる」ほどの窮地に追い込まれました。

「このままでは日本に受け継がれてきた木の建築文化や職人技術が失われてしまう!」と危機感をもった木造建築関係者ら6団体で立ち上げたのが「これからの木造住宅を考える連絡会(これ木連)」です。伝統木造建築をあたりまえにつくることのできる未来を切り拓くべく、2007年秋から国交省木造住宅振興室と勉強会を開始しました。国交省も「伝統木造を建築基準法に正当に位置づける方向で臨み、そのために性能検証実験や設計法構築を推し進める」との前向きな姿勢を示されました。実際に平成20年度から、国交省において伝統構法の再検証事業(伝統的構法の設計法及び性能検証実験)が3カ年計画で動きはじめたところです。

再検証事業初年度のハイライトは、2008年11月~12月、兵庫県のE-ディフェンスで行われた伝統的木造軸組構法の実物大住宅性能検証振動台実験です。実物大の木組み&土壁の伝統木造住宅を振動台にのせて加振し、建物がどのように挙動するかを観察し、性能検証、設計法構築に向けて必要なデータが記録されました。振動台に載せる建物の設計、加振後の損傷観察など、さまざまな場面でこれ木連メンバーをはじめとする多くの実務者が関わりました。

そこでこの度、これ木連では、昨年の第1回フォーラム「このままでは伝統構法の家がつくれなくなる!」に続く第2回フォーラムとして「伝統構法を検証する時代が始まった!」を企画しました。その中で、今回の実験の実施委員会主査である大橋好光先生をお招きして実験報告をしていただきます。さまざまな観察視点からの実験映像などを見ながら、伝統木造をどう未来につなげていくかを展望します。関東での実験報告は初となります。この貴重な機会を、どうぞお見逃しなく!

また、大橋先生の報告に先立ち、伝統構法の必要性を実感し実際にご自身で土壁の家造りに挑戦されているジャーナリストの中島健一郎さんの講演を予定しています。住まい手&ジャーナリストの視点で伝統構法のおかれている現状と未来を語っていただきます。奮ってご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木造建築をめぐる状況とこれ木連のあゆみ

2007.6 改正基準法施行
2007.9 国交省との交渉を勉強会という形で開始、これ木連立ち上げ
2008.6 これ木連主催 第1回フォーラム「このままでは伝統構法の家がつくれない!」(於/工学院大学)
2008.11-12 E-ディフェンスでの伝統的木造軸組構法の実物大住宅性能検証振動台実験
2009.2.28 これ木連主催 「伝統構法を考える研究会」第1回 (講師:河合直人氏)
2009.3.15これ木連主催 第2回フォーラム「伝統構法を検証する時代がはじまった!」(於/工学院大学)

※これまでの活動の詳細はこちらで! http://kino-ie.net/action/


2009年2月18日

これ木連「伝統構法」に関する連続勉強会

民家にみられる力強い骨太の木材、職人技術による各部の接合法など、伝統構法
による建築は「総持ち」による架構といわれています。
この「総持ち」という考え方をどのようにとらえることができるのか。伝統的構
法について先進的な実験を通して、木造構法の新たな論理の再構築を試みている
河合直人氏の視点から伝統構法を考えます。

【日時】2月28日(土)13:30-16:30(開場13:00)
【会場】千代田区万世橋区民会館 6階洋室
    秋葉原駅徒歩2分 東京都千代田区外神田1-1-11
    http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/service/00065/d0006589.html
【講師】河合直人氏
    独立行政法人建築研究所 構造研究グループ 上席研究員
    司会進行 宮越喜彦氏(木住研)
【内容】伝統構法のとらえ方、実大実験の中間報告など
【参加費】2,000円
【定員】70名(申込順、定員になり次第締切)
【申込】日本民家再生リサイクル協会(info@minka.jp、ファクス03-5216-3542)
    宛、参加者1名ごとに、氏名、所属、電話、ファクス、メールアドレス
    を明記のうえ、2月23日(月)までにお申し込みください。
【連絡先】日本民家再生リサイクル協会 担当:金井
    電話03-5216-3541 携帯090-7735-1460

※今後の予定
3月 公開フォーラム
4月 住宅瑕疵担保履行法について
以下、毎月開催予定。

以上、よろしくお願いいたします。

これからの木造住宅を考える連絡会(これ木連)事務局
■□日本の民家を次代に引き継ぐ□■
特定非営利活動法人
日本民家再生リサイクル協会(JMRA)
事務局 金井 透
kanai@minka.jp http://www.minka.jp/
電話03-5216-3541 FAX03-5216-3542
〒102-0085東京都千代田区六番町1-1