2011年6月23日

緑の列島 木の家スクール名古屋2011 第二回 定成正憲氏 川端眞氏 宮内寿和氏

緑の列島 木の家スクール名古屋2011 

第二回 定成正憲氏 川端眞氏 宮内寿和氏

 

一駒目は、“木材の水中処理と天然乾燥について”のテーマで、

職業能力開発総合大学校の 定成正憲氏にお話を伺いました。

 

 

 p1070056

 

 

 

 

 

木材は乾燥により、収縮や割れ、反りなどの変形が起こる。その変形を極力小さく抑える

ことが、柱・梁を表しの木造建築を建てる際の重要なポイントになる。

その為には、収縮の大きい辺材部分を心材部分の収縮率に近づける事が重要である。

甲賀・森と水の会で出会った定成氏と川端氏、宮内棟梁は、

古来には普通に行われていた木材を水に浸けておく乾燥方法「水中処理」に着目し、 その実験を平成17年に始めた。

 

先ずは、杉の角材と皮をむいた丸太、皮付きのままの丸太の三種類を150日浸けてみた。

そこで判ったことは、角材はシラタ部分の色が悪くなるので×。

皮をむいても、皮付きでも、水中処理後の重量増加率に差がないことと、

その後に燻煙処理をする際には皮付きのままの方が変色が少ないことから、水中処理は皮付き丸太が最適であることが判った。

 

さて、木材を浸けておいた水(水中処理水)のPHの変化を見ると、

約1週間で7.5だったPHが6.2ぐらいに下がり、

2週間目で7.2ぐらいに戻り、再びPHが6.5以下に変化し、

4週目に7.5に戻ってくる。その際木材の断面を見ると、

小口や節から樹液が出てきているのが目視できる。

木の中から樹脂が出てくることが収縮、乾燥に関係していると思われる。

 

刻みを始めるまでには、

水中処理に約4ヶ月+皮付き丸太のままで輪掛けでの天然乾燥に約1年+あら挽き製材後の天然乾燥に約10ヶ月、

計2年2ヶ月の時間が経過している。

その間含水率は徐々に下がり、燻煙熱処理後に正角材に製材したもので約50パーセント。

試験体は杉の芯持材であるが、乾燥割れの発生が軽微であったことが確認できた。

 

杉材と同様に、山梨産の赤松や伊豆の桧で水中処理を実験した。

赤松の場合は10ヶ月の水中処理後に約3ヶ月樹皮付で天然乾燥後、

剥皮後約7ヶ月天然乾燥をした。内部、外部ともに含水率が約20%になり、

割れが少ないことにつながる。

赤松の場合は、梅雨明けにはキクイ虫が産卵をするので、それ以前に樹皮を剥くことに留意。

桧の場合は、水の浸透性がとても悪い。

10ヶ月貯木した木材でも10cmほどしか水が浸透していなかった。

このことから、短期間なら水中処理をするメリットは少ないと感じた。

 

二駒目は“小径木挟み梁構法”について、

設計士の川端氏と宮内棟梁にお話を伺いました。

 

p1070059

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成16年の暮に、ある施主から下記の条件で住宅建築を依頼された。

・  石場建て

・  金物を使わない

・  伝統的な構法の家

この条件で確認申請を通すには限界耐力計算しかないと川端氏は考え、

宮内棟梁は伝統的な構造要素である長押をヒントに、小径木挟み梁構法を発案した。

 

伝統的な構法は終局時に柱が折れて倒壊にいたることが多い。

挟み梁構法はこの弱点を克服するために、

柱の断面欠損を最小限にして梁で両側から包み込むディテールになっており、

1/10radを優に超える変形能力がある。単純な模型から初めて、

3年にわたる詳細な実大実験や要素実験、

立体効果の検証を重ねて“構造材でもたせる”最適なシステムを決定した。

そして、この実験で得られた耐力データーが確認申請の際に有効な資料になり、

適合性判定以前だったので、特に困難なく限界耐力計算で確認申請を下ろすことができた。

 p1070063

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで小径木挟み梁構法の特徴を列記すると、

第一の特徴:軸力で外力に抵抗するため、面材が不要で自由な外観デザインが可能

第二の特徴:同じ仕口を利用して、小径木だけで横架材も構成が可能

第三の特徴:木材との相性が悪い金物を使用しないため、建物の長寿命化が可能

まさに、施主の要望を満たし、小径木の利用で地域林業が活性化し、大工の技量が発揮

できる三方得の構法といえる。背割れも表面割れもない水中処理+天然乾燥の角材が

この構法でこそ生かされることとなる。

 

平成20年、再び石場建て小径木挟み梁構法で片流れの平屋の住宅を設計したが、

2例目は法改正後のため適合性判定送りとなり、

4号建築物規模であっても詳細な許容応力度計算が要求され、

構造審査担当者の理解を得るのに大変な労力を強いられた。

現在進行中の「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」 検討委員会によって、

他の4号建物と同程度の負担で確認申請が行えるように改正されないと

伝統構法を次の世代に残すことが難しいと

川端氏は強く危惧する。

 

法的規制は他にもある。建物の強度を壁量で満たす場合は構造材(木材)の乾燥方法を問われないが、

“構造材でもたせる”設計の場合は「20%以下の乾燥材」と告示に書いてある。

天然乾燥の杉材の場合は、35%ぐらいが手刻みに適切な含水率だが

、それでは現行の法律違反になる。

「手刻みでの建築は竣工までに1年以上かかるので、

引渡し時には含水率は十分20%を下回る。

その点を考慮に入れて、

天然乾燥材をJASの規格に盛り込みたい。

その為にも、天然乾燥材の品質管理が必要だ」

 と、宮内棟梁の強い発言があった。

 

他のお二人同様、宮内棟梁も

「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」

 の材料部会の委員である。

今年2月の石場建ての建物の振動台実験で、

壁の強さが構造体に大きく影響を及ぼすのを間近に見た。

1回目の神戸波で壊れた荒壁部分を荒壁パネルに取り替えて、

第2回目の神戸波の振動を与えたところ、

一見して建物は損傷していないかのようであった。

が、柱の仕口部分に割れを発見し、

構造体を破損させないようにつくることが肝要と宮内棟梁は強すぎる壁の問題を指摘した。

「人の命を預かる建物を建てるのは大工なのだから、

他の誰よりも更なる勉強が必要だ」

 と自らに問う姿勢に、受講生の背筋が伸びた。

(文責 寺川千佳子)


2011年6月11日

【富山スクール募集開始】緑の列島 木の家スクール富山2011

「木の家をつくる達人」養成講座

緑の列島 木の家スクール富山2011

2011/10/15より開講〜

地球環境や林業の観点から、国産材を使う木造建築が見直されて
います。無垢の木で木造建築をつくるには、木の長所短所などを
理解し、適材適所に使わなければいけません。また、計画・構造・
住環境・施工面に関することまで幅広い知識が必要となります。
このスクールは、山と消費者を結ぶ担い手として、また木造建築
を熟知する専門家として、よりレベルアップしていただくための
講座です。各分野の第一線で活躍しておられる講師をお招きして
最新の構法・技術や考え方を学び、実践に活かせるスキルを身に

 

■緑の列島 木の家スクール富山2011 概要


講義 期間  2011 年10 月15 日〜2012 年3 月10 日

         計5 回(全7 講座)

時間      13:15〜16:45(5 回とも)
外部研修 1 回 外部研修の参加・不参加は自由です。
開催日は、実験準備中につき未定です。初回講義時にお知らせします。
場所は、地域防災環境科学研究所(金沢工業大学やつかほリサーチキャンパス内)にて行います。
※講義に欠席された場合は、次回講義時に資料をお渡しします。(最終回の場合は郵送いたします。)
※講師・講義内容・会場は都合により変更することもありますので、あらかじめご了承下さい。
■募集要項
受講対象者 木造建築に携わる設計者・施工者・林業関係者・学生、および木の家づくりに興味のある方
受講料 全講義受講の場合 20,000 円 受講料は、初回受講時に徴収させていただきます。
外部研修不参加の場合でも受講料は変わりません。参加の場合の交通費は含まれておりません。
定員 45 名(申込み先着順)
希望講義のみ受講の場合 1 回につき6,000 円 受講料は、受講時に徴収させていただきます。
希望講義開催日の1 週間前までにお申込み下さい。
申込み方法 下記の申込み書にご記入の上、FAX または郵送にてお申込み下さい。
または、E-mail に申込み書の内容を記入し、送信して下さい。
■会場
講義会場 富山県総合情報センター 4 階第1 会議室
住所 富山市高田527 (右地図内の情報ビル)
TEL 076-432-0224
※外部研修の詳しい場所は初回講義時にお知らせします。
■問合せ
運営事務局 〒930-0981 富山市西新庄10-10
緑の列島 木の家スクール 富山事務局
富山木構造研究所内 担当 草野
TEL/FAX 076-433-7117
E-mail toyama-mokkouken@mbg.nifty.com
つけていただきます。こうした専門家が増えることによって、環
境問題・日本の森林環境の改善を目指します。そして、木造建築
のさらなる発展につながることを願っています。

PDF:緑の列島 木の家スクール富山2011

toyama school


2011年5月25日

緑の列島 木の家スクール名古屋2011 第一回第二講座 高橋昌巳氏 “分離発注 建て主直営という家づくり”

緑の列島 木の家スクール名古屋2011

 第一回 

高橋昌巳

 

二コマ目は、 “分離発注 建て主直営という家づくり”のテーマで、

 シティー環境建築設計の高橋昌巳さんにお話を伺いました。

 

家を一軒建てるには、基礎、大工、左官、瓦、水道、電気などなど、

十数種の職人の協力が必要です。

今は工務店や建設会社に頼んで家を建ててもらう方式=一括請負方式が主流ですが、

その他には、自分で建てる自力建設方式と

建て主が個々の職人に仕事を発注する分離発注方式があります。

 

家の建設に参加したくとも自力建設には時間も体力も知識も必要。

ならば、設計者が協力することで、住まい手も家づくりに参加できるのでは?と、

分離発注方式をはじめたとのことですが、設計者側の仕事量は相当なようです。

 

高橋さんが実現したい家づくりの仕組みとは、

①    見えるようにすること

:お金の流れ、材料、作業工程、職人の顔、応援体制

②    言えるようにすること

:使いたい素材、参加して欲しい職人、費用分配、工期

③    公平に責任を負担すること

:建て主は現場確認と維持管理、設計者は安全性と景観意識、職人は使用素材と納まり

④    時間と手間をかけられること

 :ゆっくり、丁寧に、楽しみながら、記憶に残る出来事となるように、

⑤    同じ目標に向かい

 :依頼する、依頼される意識が目標を共有するチームとなり

⑥    経験をひろげていけること

 :知り合いや同業者に家づくりを公開し、完成をともに味わい、手入れを応援する

 

そんな家づくりをマネージする設計事務所は、各職方が見積りをし易くする為に数量の拾い出しから、残材処分費、コーキング、運搬、養生費などを誰がやり、いくらかかるかをこと細かく見積る。それでも見積り落とし部分は、設計者が自ら施工することもあると。

 

そこまで苦労して分離発注方式にこだわるのは、職人の知恵と技術を引き出し、新しいことにチャレンジができる環境がこの方式には残されているからだろうと、「人財産」を築き上げつづける高橋さんの満足げな顔を見て納得しました。

 

予告:伝統的工法は住宅瑕疵担保法には馴染まない事から、GIOとシティ設計事務所は包括3条認定を結び、伝統的仕様での納まりを可能にしたそうです。その納まり図面集を木の家スクールに提供してくださるので、HPで見られるようにします。乞うご期待。

(寺川)

  動画    木の家スクール名古屋 20110514 NO2


緑の列島 木の家スクール名古屋2011 第一回 古川泰司氏 “住まい手の家づくりへの関わり方” 

第1回 木の家スクール名古屋2011

 

今年度初日の講義は、

“住まい手の家づくりへの関わり方” をテーマに、

二人の講師をお招きして『ハーフビルド』、

『建て主直営』という切り口で講義を開きました。

 

 

 

まずはじめは、 “住まい手参加の家づくりのために” と題して、

アトリエフルカワ一級建築士事務所の古川泰司さんに、

『ハーフビルド』の家づくりについてお話し頂きました。

 

 

 写真1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ハーフビルド』とは文字通り、

半分だけ家を完成させて、あとは暮らしながら進めていく家づくり。

自分では手に負えない『大きな仕事』と、

自分でできる『小さな仕事』に分けて、

まずは最小限の生活ができるシンプルな箱をつくっておく。

その後、生活をしながら自分達の暮らしに合わせて、

家を育てるようにして進めて行く家づくり。

と、古川さんはそう捉えています。

 

そのメリットは、初期費用が少なくすむために、

家づくりのハードルを少し低くしてスタートすることができること。

そして、その後の『小さな仕事』を進めるに従って、

充実感や自分達に会った家を見付ける楽しさを味わうことができること。

またその経験は、後のメンテナンス時にも役立つでしょう。

 

かつての家づくりは、地元の材で地元の職人をはじめ、

“結い”などによる地域の人との関わりの中で、ゆっくりと進められていました。

一方、現代のそれはビルダーの専門領域となって工業化も進み、

とても速いスピードの中で、まさに “生産” されて行きます。

施主が関わる隙は愚か、立ち入りを制限されている現場も有ると言います。

その結果、現代人の生活と住まいに『ずれ』が生じているのではないかと、

古川さんは危惧しています。

 

家づくりを、もう一度住まい手の元に取り戻したい。

古川さんは『ハーフビルド研究会』を立ち上げ、

技術的な研究から、設計や施工に関する講座を開く活動も展開しています。

 

 写真2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフビルドの教科書として出版された「住宅工事現場写真帖」(エクスナレッジ)

 

文 丹羽

動画リンク     木の家スクール名古屋 20110514 NO1


2011年4月9日

2011/04/09  2011年度 木の家スクール名古屋 受講生募集中!!

今年も、募集開始です

毎年、あっというまにこの季節ですね

震災関連のニュースの中、木造の構造から、山の話まで

学ぶことが、年々深まってまいります

今年も、是非、ご一緒に学んでいきましょう

募集要項PDF

http://kinoie.web.nitech.ac.jp/images/Kinoie-flier2011.pdf

申込はこちらです

http://kinoie.web.nitech.ac.jp/index-moushikomi.html

緑の列島木の家スクール名古屋HPです

http://kinoie.web.nitech.ac.jp/