進捗状況

2011年1月6日

実大震動台実験開始 試験体No.1,No.2

本日、実大実験が、独立行政法人 防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センター(Eディフェンス)にて行われました。

1月6~7日は、試験体NO1NO2(平屋 石場立て)が行われております。

詳しい実験結果につきましては、後日、フォーラムで報告いたします。

また、動画につきましては、編集でき次第公開いたします。

制御室より試験体 右 NO1 左NO2(加振A)

 

荒壁パネルを交換して、壁配置を変更する(加振AからBへの変更作業)

床に止めてあるのは、鉄板の錘(オモリ)です

左が、NO4の試験体(公開実験の際に使用)1月20~21日に実験します。

まん中は、NO3の試験体 1月14~15日に実験します。

右は、N01の試験体で、本日実験中。

解析WGの委員が、実験結果を元に、解析と加振結果を検討する(制御室内)

予定時間より1時間ほど早く加振終了し、明日の実験の準備をいたしました。

(緑の列島NW 大江)